ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ラトックシステム、Miracast/Intel WiDIに対応したワイヤレスディスプレイアダプタ「ScreenBeam Pro」を12月下旬に発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ラトックシステムは12月5日、MiracastとIntel WiDiに対応したワイヤレスディスプレイアダプタ「ScreenBeam Pro」を12月下旬に発売すると発表しました。価格は10,400円です。Androidユーザーの方にとっては数少ないMiracastレシーバーの選択肢が増えることになりますね。ScreenBeam Proは、本体サイズ78 × 75 × 20mm、重量66gの小型軽量のワイヤレスディスプレイレシーバー。HDMI入力端子を備えたテレビや外部モニタと接続することで、Miracast/Intel WiDiに対応したスマートフォンやタブレット、PCの画面の表示内容をワイヤレスで出力することができます。出力解像度は最大フルHDです。この製品の特長としては、HDCPに対応しており、著作権保護機能(DRM)のかかった映像(録画番組など)を視聴できるところ、5.1chサラウンドに対応しており、ブルーレイなどのサラウンド対応メディアの音質が良いところ、マルチディスプレイ/ミラーの2モード動作をサポートしており、PCと接続した場合は2つモニタ(出力元と出力先)を使ってマルチモニタ環境を構築できるところです。WiDiで接続する場合はScreenBeam Proに接続したキーボードとマウスを使ってPCと同じ操作環境を構築できます。Source : ラトックシステム



(juggly.cn)記事関連リンク
SamsungはGalaxy S3 miniやGalax S Advanceなど8機種のAndroid 4.4(KitKat)アップデートも検討中
日本がGoogle Playギフトカードの発売国になっていた、ファミリーマートでは1,500円/3,000円/5,000円分が既に販売中らしいぞ
米国でAndroidミラーレスカメラ「Polaroid iM1836」の販売が停止に、ニコンが裁判でSakar社に勝訴

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP