ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Nexus 5におけるAndroid 4.4.1(KOT49E)の変更内容を紹介、タッチバイブが強力になったほか、印刷機能の強制終了もなくなりました

DATE:
  • ガジェット通信を≫

本日配信となったKitKatのアップデート版「Androd 4.4.1」のNexus 5におけるアップデート内容を紹介します。まずは、カメラの撮影品質が劇的に向上したことです。次に、発売時の状態で強度が弱く操作性の悪く感じていたタッチ時の振動バイブレーションが強力になり、以前よりもより手応えが感じられるようになりました。感覚としては2、3倍強くなった気がします。さらに、Android 4.4では、例えば、Chromeアプリから印刷機能を利用しようとすると、「印刷スプーラー強制終了」的なメッセージが表示され、一部のアプリからは印刷できませんでしたが、Android 4.4.1で改善され、印刷できるようになりました。あとは、「Picasa Uploader」が廃止され、Google+フォトがその代りになりました。ギャラリーなどで写真をアップロードする際は今度から「写真」を利用します。以前は設定メニューに「ワイヤレスディスプレイ」と表示されていた項目が、「画面のキャスト」に変更されました。Source : Android.com



(juggly.cn)記事関連リンク
NTTドコモ、「Xperia Z1 f SO-02F」を12月19日に発売
Google TakeoutでGmailとGoogleカレンダーのデータがダウンロード可能に
2013年10月の米国スマートフォン市場、Motorolaのシェアがわずかながらも回復

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP