ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android版「AdSense」がv2.0にバージョンアップ、ページ ビュー/クリック数/CPC/CTR/RPMやグラフ表示などをサポート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

GoogleのWEBサイト向け広告プロダクト「AdSense」のAndroidクライアントアプリでメジャーアップデートが実施されました。これまでのAdSenseアプリは、ただ収益を確認するだけのシンプルな内容で、CPCやCTRなどの確認や各種レポートを利用した解析は全く行えませんでしたが、v2.0でUIレイアウトの刷新と共にサポートデータが増えて、以前よりも解析の幅が広がりました。v2.0では、スライド型のメニューバーの内容が「プロダクト」「カスタムチャネル」「URLチャネル」「サイト」「国」「プラットフォーム」「広告ユニット」に変更され、各項目において、「見積も収益」「ページビュー」「クリック数」「ページCTR」「CPC」「ページRPM」を確認できるようになっています。各指標は以前から期間(本日、昨日、過去7日、今月、過去30日、先月、全期間)でフィルタリングできていましたが、v2.0でグラフ表示が追加され、各指標がグラフでも表示されるようになり、視覚的に数値の差を確認することができます。Android版では広告の作成や管理、アカウント管理はできませんが、今回のアップデートでモバイル用のビューワとしてはかなり満足できる内容になったかと思います。「AdSense」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
中国OPPOが中国向けにLTE対応機種の投入を予告
Google Playストアアプリ v5.4.10にプロフィール画面が追加、評価・レビューの共有やGoogle+サークルへの追加が可能に
NTTドコモ、「Xperia Z1 f SO-02F」を12月19日に発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP