ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Vuzix、Androidを搭載したメガネ型デバイス「M100」製品版を開発者向け出荷開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ビデオアイウェア製品を手が変えるVuzixは12月4日、Androidを搭載したスマートグラス「M100」の製品版を開発者向け出荷開始したと発表しました。登場から1年ほどが経過し、ようやく製品版となりました。国内向けには、SDKのGold Packageを購入した方から優先して配送されることになっています。M100は、WQVGAの表示用ディスプレイをを萎えたメガネ型デバイスで、Androidを搭載しています。スマートフォンやタブレットとBluetoothまたはWi-Fiで通信させることで、ハンズフリーの通話を行うことのほか、35cm先に4インチ大で見えるスクリーン上に、スマートフォンのアプリや動画、地図などのコンテンツを映し出すことも可能。さらに、スマートフォンで受信したメールを読み上げたり、内蔵のセンサーやGPSを用いてARナビゲーションを実行すること、内蔵のフルHDカメラを使って写真や動画を撮影することもできます。主要スペックは、Android 4.x(ICS)、OMAP4430 1GHzデュアルコアプロセッサ、1GB RAM、4GB ROM、Micro SDカードスロットもあります。カメラは1080p動画の撮影も可能なものを搭載。また、3軸ジャイロセンサーや3軸加速度センサー、 3軸地磁気センサー、イヤホン、ノイズキャンセリング機能付きマイクも搭載。駆動方式は再充電可能なバッテリー式で、ハンズフリー通話で最大8時間、ハンズフリー通話とディスプレイ表示で2時間は持つとされています。Source : Vuzix



(juggly.cn)記事関連リンク
アーケードゲーム‟ダブルドラゴン”3作品をプレイできる「ダブルドラゴントリロジー」がGoogle Playストアで公開
Android版「AdSense」がv2.0にバージョンアップ、ページ ビュー/クリック数/CPC/CTR/RPMやグラフ表示などをサポート
Nexus 5におけるAndroid 4.4.1(KOT49E)の変更内容を紹介、タッチバイブが強力になったほか、印刷機能の強制終了もなくなりました

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP