ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsungが「Galaxy Win Pro(SM-G3812)」を中国で発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsungの中国法人が中型のエントリーモデル「Galaxy Winシリーズ」のラインアップに、上位モデルとなる「Galaxy Win Pro(SM-G3812)」を追加しました。Galaxy Win Proは、4.5インチ960×540ピクセルの液晶と1.2GHz駆動のクアッドコアプロセッサを搭載した3Gモデル。中国で発表されたSM-G3812はデュアルSIM対応機種なので、GSM+GSMまたはGSM+WCDMAの組み合わせで着信を同時に待ち受けることができます。OSはAndroid 4.2(Jelly Bean)、RAM容量は1GB、内蔵ストレージの容量は8GB、Micro SDカードも利用できます。カメラは背面に500万画素と前面に30万画素を搭載。ワイヤレス通信機能はWi-Fi b/g/n、Bluetooth v4.0に対応。GSM/WCDMA(900/2100MHz)、バッテリー容量は2,100mAhと比較的大きめです。今年4月に発売された「Galaxy Win」の上位機種のようですが、画面サイズは4.7インチ→4.5インチに縮小しています。Source : Samsung China



(juggly.cn)記事関連リンク
Google、KitKatのアップデート版「Android 4.4.1(KOT49E)」を発表、Nexus 4やNexus 5にアップデートを配信開始
シャープの「GALAPAGOS STORE」のオープンから3年が経過、本日より「3周年記念キャンペーン」が実施されます
Cal : 定番のToDo管理アプリ「Any.Do」提供元が開発した、美しく操作しやすいUIを備えたカレンダーアプリ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP