ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2013年Androidスマートフォン満足度調査で最も満足度の高いのは「画面が大きいこと」、不満は「バッテリーの持ち」(MMD研究所調べ)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

MMD研究所は12月5日、この1年間にAndroidスマートフォンを購入した1,000名を対象に実施した「2013年度スマートフォン購入者の満足度調査(Android編)」の調査結果を発表しました。この調査結果では、Androidスマートフォンユーザーの所有端末の中で満足している点や不満に思っている点、Androidユーザーが次に購入する機種に望む点を知ることができます。2013年のAndroidスマートフォンで最も満足しているのは「画面サイズが大きいこと」この結果は、調査対象者に対して端末のサイズ感や画面サイズ、バッテリーの持ちなど11項目を満足から不満までの5段階評価で質問した結果によるもので、「画面サイズが大きいこと」と回答した人は「満足」「やや満足」を合わせて79.8%と、最も満足度が高いものでした。続いて、「端末のサイズ感」が76.3%、「画質の良さ」が73.7%。11項目中10項目の満足度が50%を超えましたが、「バッテリーの持ち」は44.3%と50%を下回りました。つまり、バッテリーの持ちに不満を持つ方は依然として多数派ということになります。Androidの画面サイズは年々拡大し、解像度も向上しています。2012年は4.5インチ前後でHD解像度が主流だったのが、2013年は5インチ以上でフルHDを上回っています。画面サイズが拡大すると本体も大きくなるので、(片手での)操作性を損なうことに繋がってきますが、同社の調査結果によると、大画面を受け入れており、また、サイズ感への満足度が76%を超えていることから、その操作にも慣れていて不満を感じていない方が多数派だと思われます。端末購入時に重視する項目は、「画面サイズが大きいこと(42.9%)」、「バッテリーの持ち(40.9%)」、「操作性の良さ(35.0%)」操作性の良さはハードウェア的なものと、機能などのソフトウェア的なものに分けられるので、何とも言い難いのですが、おそらく大画面ながらもコンパクトで持ちやすいことを望む方が多いのではないかと思います。 以前所有していた端末と比較して満足している項目は、「画面サイズが大きいこと(50.3%)」、「画質の良さ(34.8%)」、「バッテリーの持ち(34.1%)」機種を画面サイズの大きいものに変更した方の多くは画面サイズの拡大を受け入れているようです。また、バッテリーの持ちについては、最初の項目でバッテリーの持ちへの満足度が50%を下回っているので、不満を持つ方は多数派になりますが、34%の方が改善されたと実感しているようです。次のスマートフォン端末に求める要素は「バッテリーの持ち(64.5%)」、「防水・堅牢さ(34.5%)」、「より大画面(31.0%)」やはりバッテリーの持ちの改善がトップだったようです。Source : MMD研究所



(juggly.cn)記事関連リンク
Google、KitKatのアップデート版「Android 4.4.1(KOT49E)」を発表、Nexus 4やNexus 5にアップデートを配信開始
シャープの「GALAPAGOS STORE」のオープンから3年が経過、本日より「3周年記念キャンペーン」が実施されます
Cal : 定番のToDo管理アプリ「Any.Do」提供元が開発した、美しく操作しやすいUIを備えたカレンダーアプリ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP