ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Xperia 2011モデルにAndroid 4.4(KitKat)を提供しようというプロジェクト「LegacyXperia Project」が始動

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2011年に発売された、今となっては旧型のXperiaスマートフォンにAndroid 4.4(KitKat)を提供しようというプロジェクト「LegacyXperia Project」が始動しました。同プロジェクトでは、以前よりCanogenModのサポート対象外になってしまった2011年モデルに対して非公式ながらも安定したCyanogenModを提供する取り組みを行っており、今月に入ってAndroid 4.4(KitKat)ベースのCyanogenMod 11がリリースされました。現在のサポート端末は、Xpeira arc/arc S(anzu)、Live with Walkman (coconut)、Xperia Neo V (haida)、Xperia Neo (hallon)、Xperia Pro (iyokan)、Xperia Mini Pro (mango)、Xperia Active (satsuma)、Xperia Mini (smultron)、Xperia Ray (urushi) の10機種です。上記10機種用のCyanogenMod 11とGappsは下記の公式プロジェクトサイトから入手できます。Source : LegacyXperia Project



(juggly.cn)記事関連リンク
次世代USBコネクタ規格「USB Type-C」はMicro USBよりも小型で向きに関係なく装着できる
Pantech、音にこだわりを持った指紋認証機能付きスマートフォン「Vega Secret Up(IM-A900)」を発表
ホンダ、エアバッグ内蔵のスマートフォンケース「Smartphone Case N」を開発

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。