ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Galaxy S 5と思われる「SM-G900S」がGFX Benchmarkサイトに登場、2.5GHz駆動のSnapdragon 800と2,560×1,440ディスプレイを搭載

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsungの次期フラッグシップスマートフォン「Galaxy S 5(仮称)」と思われる「SM-G900S」がGFX Benchmarkの公式サイトに登場しました。「SM-G900S」がなぜGalaxy S 5かということについては、高性能プロセッサや2Kの高解像度ディスプレイを搭載していることのほか、FingerPrint情報‟samsung/klteskt/klteskt:4.4/KRT16M/G900SKSEAMK1:eng/test-keys”から読み取れるコードネーム‟klteskt”がGalaxy S 5の開発プロジェクトであると伝えられているからです。今回の「SM-G900S」はSKテレコム用に開発されています。同サイトの公式情報からは、OSはAndroid 4.4(KitKat)、CPUクロック数は300~2457MHz、GPUはAdreno 330、解像度は2,560×1,440ピクセルという情報も読み取れます。CPUとGPUの情報からSoCはSnapdragon 800 MSM8974ACだと考えられます。Source : GFX Benchmark



(juggly.cn)記事関連リンク
ホンダ、エアバッグ内蔵のスマートフォンケース「Smartphone Case N」を開発
Google、Android版Google検索にインストール済みアプリ内の情報検索機能を追加
NTTドコモ、「あんしんモード」アプリをアップデート、「歩きスマホ防止機能」を追加

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP