体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

きのこ帝国×paionia合同インストア・ライヴ記念! フロントマン対談を更新

 

きのこ帝国

 

シューゲイザーの要素が色濃いギター・サウンドと佐藤(ギター/ヴォーカル)の澄んだ歌声の対比が特徴的な4人組バンド、きのこ帝国。そして、不器用にもがきながら日々を暮らしていくなかで抱いた気持ちをグッド・メロディーに乗せて歌う3ピース・バンドのpaionia。共にUKプロジェクトのDAIZAWA RECORDSに所属し、それぞれ新作をリリースしたばかりの両バンドが、12月20日(金)にタワーレコード渋谷店B1FのCUTUP STUDIOで合同インストア・ライヴ〈きのこ帝国『ロンググッドバイ』×paionia『rutsubo』発売記念 ~代沢まつり インストアライブ編~〉を開催する。

 

paionia

 

bounceでは、それを記念して両バンドのフロントマンである佐藤と髙橋勇成(paionia)の対談を実施。年齢もデビューの年も同じで、なおかつ東北出身という共通項を持つ2人に、今年8月に開催されたUKプロジェクトのイヴェント〈UKFC on the Road 2013〉の感想や、お互いのバンドに対する印象、シンパシーを感じるところ、そして合同インストア・ライヴに向けての意気込みなどを語ってもらった。

★記事はこちらから

タワーレコードの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。