ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Glass版Google Playミュージックアプリが提供開始、$85のステレオイヤホンも発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

11月のアップデートで追加されることが明らかになったGoogle Glass用のGoogle Playミュージックアプリが本日より利用可能になりました。Glass用のGoogle Playミュージックアプリは、MyGlasssアプリの「Glassware」タブより入手できます。これで、Glassを装着中でもオンラインストレージに保存した音楽やAll Accessの音楽をストリーミング形式で聴くことができます。Glass版はGlassの特殊なUIと操作性に最適化されており、‟Ok, Glass, Listen to”の音声コマンドでアーティスト名や曲名、アルバム名を指定して再生を開始することが可能。検索結果は「Liveカード」としてGlassディスプレイ上に表示。タッチパッドのタップ操作で曲の停止やトラックの切替え、ラジオの再生、ボリュームの調節などを行うことができます。GoogleはGoogle Playミュージックの提供開始に合わせて、Glass用のステレオイヤホンも新たに発売しました。価格は$85で5色の異なるキャップが付属しています。Source : Google Glass



(juggly.cn)記事関連リンク
Samsung、「Galaxy Note 3 Lite」をMWC 2014で発表か?
Flyme OS 3.2を搭載したMeizu MX2のスクリーンショットが流出
KDDI、「isai LGL22」のブルーカラーを12月5日に発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。