ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

〈ポリスとコソ泥〉で知られるレゲエ・シンガー、ジュニア・マーヴィンが死去

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 


ジュニア・マーヴィン 『Police and Thiev』ジャケット画像

ジャマイカの伝説的なレゲエ・シンガーとして知られるジュニア・マーヴィンが、12月2日、同国の東海岸に位置するポート・アントニオの病院にて亡くなった。享年67歳。彼の息子であるケヴィン・スミスが現地のメディア〈Jamaica Observer〉に語ったところによると、マーヴィンは糖尿病と高血圧の治療のため11月28日に入院していたという。 

ポート・アントニオに生まれたマーヴィンは、60年代にシンガーとしてのキャリアをスタート。76年にリー“スクラッチ”ペリーのブラック・アーク・スタジオにて録音したシングル“Police and Thieves(邦題:ポリスとコソ泥)”がヒットし、翌年には同名のアルバムも発表。UKのパンク・バンドのクラッシュが“Police and Thieves”をカヴァーしたことにより、ロック・シーンにもその名が広く知られることとなった。84年にはヘンリー“ジュンジョ”ロウズが手掛けたチャンネル・ワン・スタジオでのアルバム『Muggers In The Street』をリリースするなど、80年代から90年代にかけても数枚の作品を残している。謹んで故人のご冥福をお祈りいたします。

タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP