ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

NTTドコモ、JR山手線の新宿駅・大崎駅・巣鴨駅で下り最大150MbpsのLTEサービスを開始

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

NTTドコモは12月2日、「LTE高速化プロジェクト」と称して、本日よりJR山手線の新宿駅、大崎駅、巣鴨駅付近で、下り最大150MbpsのLTEサービスを開始したと発表しました。下り最大150MbpsのLTEサービスは、同社の保有する1.7GHz帯・20MHz幅の電波を利用して提供されるLTEサービス。東名阪(東京都・神奈川県・愛知県・大阪府・京都府・兵庫県)の一部エリアのみで利用することができます。本日よりエリアの拡大が行われる山手線の駅では、12月末までに全駅の付近が150Mbps対応する予定です。下り150MbpsのLTEに対応する機種は、2013年冬モデルの11機種。具体的には、Galaxy Note 3 SC-01F、Xperia Z1 SO-01F、ARROWS NX F-01F、Galaxy J SC-02F、AQUOS PHONE ZETA SH-01F/SH-01F DRAGON QUEST、Disney Mobile on docomo F-03F、Xperia Z1 f SO-02F、AQUOS PHONE EX SH-02F、ARROWS Tab F-02F、Wi-Fi STATION L-02F、Wi-Fi STATION HW-01Fが対応しています。Source : NTTドコモdocomo LTE Xi公式サイト



(juggly.cn)記事関連リンク
Amazon.co.jp、Kindle Fire新モデル購入者への2,000円分クーポンの配布を開始
NTTドコモ、「ARROWS X F-02E」と「ARROWS Tab F-05E」のソフトウェアアップデートを開始
NVIDIA、SHIELDに対してv65のアップデートを配信開始、NVIDIA GRIDに対応、ボタンマッピング機能にプロファイルをシェアできるコミュニティ機能が追加

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。