体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ネット流行語大賞 2013』『アニメ流行語大賞 2013』をそれぞれ発表! それぞれの今年の大賞は?

ネット流行語大賞2013, アニメ流行語大賞2013

先日公募した『ネット流行語大賞』を発表する時期になってきた。毎年行ってきている未来検索ブラジル主催の『ネット流行語大賞』。過去には「アサヒる」「※ただしイケメンに限る」「そんな装備で大丈夫か?」などが年間大賞金賞として選ばれた。

それに加えて今年からは『アニメ流行語大賞』も実施。こちらも同じく公募し投票にて選ばれたもの。その結果をこの場で発表したいと思う。

※下記ノミネート一覧が表示されない場合はこちらからご覧ください。

そんなわけでまずは『ネット流行語大賞 2013』から発表。今年も様々な流行語は生まれたがネットで流行った流行語はどのような物があるのだろうか。
年間大賞金賞に輝いたのは「いつやるの? 今でしょ!」である。これはネットだけで無く一般メディアでも話題となった言葉。特に年始に流行った言葉ながら忘れられずに大賞に輝いたのは凄いことである。

銀賞は「激おこプンプン丸」となった。「おこ」「激おこ」の派生として生まれた「激おこプンプン丸」が銀賞に選ばれた。そのほかにも「ムカ着火ファイヤー」「カム着火インフェルノーォォォオオウ」などがあるが覚えやすく語呂の良い「激おこプンプン丸」が選ばれたようだ。

銅賞は「倍返しだ!」である。こちらはドラマ『半沢直樹』のセリフで一躍有名になったセリフ。ネット流行語だけでなく流行語大賞にもノミネートされている言葉である。それほど影響力の大きかった言葉だといえるだろう。

以下は次のようになっており全部で55の流行語がノミネートされている。中には皆さんのしらない用語もあるのではないだろうか。


<ノミネート用語一覧(ランキング順)>
4位:バカッター
5位:艦これ
5位:お・も・て・な・し(滝川クリステル)
7位:ブラック企業
8位:ふなっしー
9位:アベノミクス
10位:あ・・・(察っし)
10位:遠隔操作ウィルス
12位:くまモン
13位:食品偽装
13位:草不可避
15位:(震え声
15位:けつもんだ(みのもんたセクハラ)
17位:「やっとあえたね」(魔法少女まどか☆マギカ)
17位:「駆逐してやる」(進撃の巨人)
18位:ほんとそれ(ほんとこれ)
18位:日本ユニセフ
18位:クッキーババア(クッキークリッカー)
21位:出、出た~www○○奴~www
22位:バルス
22位:東京オリンピック2020
24位:楽天優勝セール
25位:もぅマジ無理
25位:マーくん
27位:魔貫光殺砲
27位:○○まくった結果www
28位:にっこにっこにー(ラブライブ)
28位:ワタミ
28位:そっとじ
28位:小並感
28位:富士山
33位:SNEP
33位:ダイオウグソクムシ
35位:(意味深
35位:「せやかて工藤」(名探偵コナン)
35位:桜塚やっくん
35位:下衆の極み(ハマカーン)
35位:微レ存
40位:パズル&ドラゴンズ(パズドラ)
40位:pm2.5
42位:モンハン4
43位:iPhone 5s
44位:大草原
44位:「生きねば」(風立ちぬ)
44位:シャバドゥビタッチヘンシーン
44位:笑っていいとも!最終回発表
44位:黒子のバスケ中止
49位:ぱにょ
49位:メガポテト
49位:家康君
49位:クラウドファンディング
53位:あずきバーダイブ

ネット流行語大賞 ランキング一覧

アニメ流行語大賞 2013

続いてはアニメ流行語大賞となる。上記と被る用語あるがご理解頂きたい。
年間大賞金賞に輝いたのは「にゃんぱすー(のんのんびより)」である。登場キャラクター宮内れんげが使用する言葉。「にゃんぱすー」とダルそうに言うのが人気でたようだ。

1 2次のページ
ソルの記事一覧をみる

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。