ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スマホによるネット利用急増で「パケ詰まり」多発しイライラ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 9月20日にアップルから『iPhone』の最新版が発売され、発売3日間で過去最高となる900万台に到達。一部の色やモデルが品薄になるなど、話題となった。

 新機種からソフトバンク・auの2社に加え、docomoが参入し、スマホユーザー増加を後押ししている。実際にスマートフォン(以下スマホ)の世帯保有数は急速に伸びており、2012年末時点で49.5%となり、毎年急速な伸びを見せている。また、スマホによるインターネット利用率も急増している(総務省「平成24年 通信利用動向調査」より)。しかし、この爆発的なスマホの普及により、ある問題が起きている。

「せっかくガラケーからスマホに買い替えたのに、ネットにつながらないことがあります」(45才会社員)

「待ち時間に子供に動画を見せたくてもなかなかダウンロードできなくてイライラすることも…」(39才主婦)

 ネットにつながりにくいイライラ現象が、今スマホユーザーの間で話題になっている。その原因をケータイジャーナリスト・房野麻子さんに解説してもらった。

「アンテナは立っているのに、データが送れない、ネットにつながらないなどの現象を“パケ詰まり”と呼び、最近スマホユーザーの不満の声としてよく耳にするようになりました。スマホによるデータのやり取りは“パケット”という小さな単位に分割して送受信するのですが、このパケットが詰まってしまうんです。

 パケ詰まりの原因のひとつが、ユーザー数の急激な増加。スマホでデータ通信をするには、キャリア(携帯電話会社)が設置した基地局と交信しますが、ひとつの基地局が処理できるデータ量には限界があるのです。ひとつの基地局にデータの通信量が集中すると、ひとりあたりの通信量が制限されてしまい、データが流れにくくなってしまうのです。これがパケ詰まり現象の原因です」

 とくに通勤時の駅や人ごみなど、人が集中する場所でパケ詰まりが起こりやすいという。

※女性セブン2013年12月12日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
スマホ節約術 Wi-Fiルーターで家のネット回線と一本化
ケータイ事情通 「音や電波感度はスマホよりもガラケーが上」
ソフトバンク イー・アクセスのLTE利用『ダブルLTE』を開始

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP