ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Xperia Z UltraのKDDI版「SOL24」とWi-Fi Onlyモデル「TS-0010-BV」が技適を通過

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sony Mobileの国内向けXperia Z Ultraと見られる「SOL24」と「TS-0010-BV」が10月に工事設計認証を取得していたことが判明しました。「SOL24」は、KDDI版Xperia Z Ultraのことで、「TS-0010-BV」はXperia Z Ultraから携帯電話機能を省いてミニタブレット化したモデルと予想される端末。後者はSony Mobileのタブレット用型番(TS-)を採用しているので、Xperia Tablet Zのようにタブレットとして発売するつもりと考えられます。メーカー型番で認証を取得しているので、Sonyによる直販や家電量販店で発売される可能性があります。「SOL24」の認証は、従来のCDMA2000/CDMA2000 EV-DO(マルチキャリア)に加えて、LTE バンド1(2100MHz帯)、バンド11(1500MHz帯)、バンド18(800MHz帯)、Wi-Fi(2.4GHz帯/5GHz帯)、Bluetoothの周波数でも取得しています。「TS-0010-BV」は、Wi-Fi 2.4GHz/5GHz、Bluetoothのみでしか認証を取得していません。Source : 総務省



(juggly.cn)記事関連リンク
日本のGoogle PlayストアでNexus 10 16GBモデルが在庫切れ状態に、販売終了か?
森林レジャー施設「フォレストアドベンチャー」の公式Androidアプリがリリース
Hamee、小指と親指が受話器になって通話もできるイタリア発のスマートフォン用革製手袋「Hi-Call」を発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。