ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ゆるキャラさみっと 最高得票数は120万4255票で最低は8票

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「ゆるキャラさみっとin羽生」(11月23~24日、埼玉県羽生市)で発表された「ゆるキャラグランプリ2013」。エントリー数は1580体、9月からインターネットで行われていた投票の総数は1743万票と、いずれも過去最多となる一大イベントに。

 1位の座に輝いたのは『さのまる』。栃木県佐野市の名物「佐野ラーメン」の笠と「いもフライ」の剣を身にまとった侍のキャラクター。人口12万人ほどの市が、約10倍の120万4255票を集め、80万人の政令指定都市・静岡県浜松市のキャラ『出世大名家康くん』に勝利。

 2位の『出世大名家康くん』は、浜松市にゆかりのある江戸幕府初代将軍・徳川家康をモチーフに。ちょんまげはうなぎ、羽織の紋はみかん、袴はピアノ。関係者が掲げた目標300万票にははるかに及ばぬ114万8585票。

 3位は『ぐんまちゃん』。1994年に群馬県で開催された全国知的障害者スポーツ大会のキャラクターとして誕生。昨年の1位をしのぐ75万2789票を獲得するも、昨年と同じく3位というある意味残念な結果に。

 今年新設された企業枠も注目されたが、なかには残念な結果に終わったキャラも。アミューズメント事業を展開するナムコの「ナムキャラ応援団」(全47体)のうち2体が得票数8票という結果に。

 現在約8000億円ともいわれているゆるキャラ界の市場規模。代表格ともいえるのがくまモンで、昨年だけで関連グッズの売り上げは少なくとも293億6000万円に達している。ちなみに、AKB48の音楽ソフトの売り上げ高は191億円(2012年度)。国民的アイドル顔負けの人気ぶり。2011年の優勝キャラのため、今回は不参加だった。

※女性セブン2013年12月12日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ゆるキャラ 強烈な個性のキモキャラなど“第3世代”が台頭
巨万の富生み出すゆるキャラ 現在3000以上存在するとの推測
ゆるキャラK、F、Nら 人気者になってから個室の準備を要求

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP