ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

美人書店員のオススメ恋愛小説5選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今年9月に累計発行部数100万部を突破した『陽だまりの彼女』(越谷オサム)。2011年に刊行された後、「女子が男子に読んでほしい恋愛小説No.1」とうたった書店のポップが話題を呼び、普段恋愛小説を読まない男性にも多く読まれたという。意外と、男性も恋愛小説での心のトキメキを求めているのかも? では、ほかにはどんな「女子が男子に読んでほしい恋愛小説」が存在するのだろうか。せっかくなら…ということで、「美人すぎる書店員」として話題の木村綾子さん(書店「B&B」勤務)に、「女子が男子に読んでほしい恋愛小説5選」を教えてもらった!! 

【画像や図表を見る】

「私が男性に読んで頂きたいのは、女性作家の恋愛小説ですね。男性作家の作品に登場する女の人って、男子の理想像になりがちなので(笑)。女性作家の描く女の人は、醜い部分もちゃんと持ち合わせていて、“本当の姿”って感じがします。男子にとっては少し怖いかもしれませんが、ぜひ読んでもらいたいですね」

下記がそのラインナップ! 

『ワーカーズ・ダイジェスト』(津村記久子)
「仕事が忙しく、恋愛のことばかり考えていられないR25世代にオススメの1冊。働く男女の、恋に発展する一歩手前までを描いた物語です。本人たちは気付いていませんが、偶然が重なることで2人の距離が縮まっていることが読者には分かり、じれったい気分に。これを読んで、もっと偶然から始まる恋愛の可能性に目を向けてもらいたいと思います!」

『スイートリトルライズ』(江國香織)
「大人になれば、嘘をつく機会が増えると思います。そんな男子には、W不倫を描いたこの1冊がオススメ。私は『人は守りたいものに嘘をつくの。あるいは守ろうとするものに』というセリフが特に心に残っているのですが、恋愛において付き物である『嘘』について考えさせてくれる物語です」

『溺レる』(川上弘美)
「不倫や心中など、逃げることをテーマにした物語が集まった短編集です。『アイヨクにオボレよう』など、字面からも官能性がにじみ出ていて、言葉の持つ色気を感じることができる一冊です。これを読んで、よりセクシーな言葉をささやける男性になってほしいです」

『勝手にふるえてろ』(綿矢りさ)
「最近話題になっている“こじらせ女子”の心を理解したい人は、今すぐ読んでください。恋愛経験が少なく、妄想ばかりがふくらんでしまう女子の気持ちが描かれています。女の子って、恋をすれば毎回不器用になって、妄想して、つまり、こじらせるものなんですよね。男子にも分かってほしいな…」

『こうしてお前は彼女にフラれる』(ジュノ・ディアス)
「こちらは女性作家の作品ではないのですが…すぐ浮気をしてしまうバカな男性にどうしても読ませたいと思って選びました!! ドミニカの浮気男が繰り広げる9つの短編が集まっています。手紙が送られてきたりメールを見られたりと、うまく隠すこともできず低レベルなバレ方をしているくせに、懲りずに浮気を繰り返す主人公を見て、自らの行いを反省してもらえればと(怒)。決して『俺以上のダメ男がいてよかった…』なんて思わないように(笑)」

最後に、木村さんからこんなメッセージも。

「小説を読むと自分の感情を表現する新たな言葉に出会えます。仕事に追われる男性は小説を読む機会が減ってしまっているかもしれませんが、複雑な自分の気持ちを豊かな表現で伝えられるようになれば、ビジネスも恋愛も、もっと良い方向に進めることができるのではないでしょうか」

美人書店員からのありがたいお言葉。ステキな男性になるためにも、年末年始はこの5冊を読んで過ごしてみては!?
(黄 孟志)
(R25編集部)

美人書店員のオススメ恋愛小説5選はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
ユニークな取り組みの本屋が面白い
GKに歯医者…美しすぎる◯◯まとめ
「ゲーセン少女は創作」発言で物議
重い『アフタヌーン』電子化喜ぶ声
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP