ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

レコ大 EXILEとAKB48一騎打ちで「大賞全くよめない」と記者

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「例年であれば、この時期には有力候補は1組に絞られてくるのですが、今年はEXILEとAKB48の2組で例年以上の混戦になっています」と明かすのは、スポーツ紙の音楽担当記者だ。今年のレコード大賞は、まさに一騎打ちの様相を呈している。

 当初、今年の大賞はAKB48の3連覇が有力とみられていた。ところが、21日、大賞の候補となる優秀作品賞が発表され、状況は一変する。AKB48の『恋するフォーチュンクッキー』など優秀作品賞10曲の中に、EXILEの『EXILE PRIDE~こんな世界を愛するため~』があったからだ。

「EXILE は2年前に一度辞退していますからね。昨年も優秀作品賞には選ばれていませんので、今年は大賞候補となることはないだろうと思われていたんです」(音楽関係者)

 EXILEは2011年、レコード大賞ノミネートを辞退。それにより4連覇がなくなったが、今年は2年ぶりの“復活”となったのだ。HIROが年内でパフォーマーとしての引退を表明しており、大賞を獲れば、最高の花道となる。

「一部ではすでにEXILEで大賞が“内定”しているとの報道もありますが、この時期に決まっていることは考えられません。彼らは今年、ドームツアーで102万人を動員していますし、ノミネート作品の『EXILE PRIDE』はシングルとして初めて100万枚を突破しています。優秀作品賞に選ばれるのは当然といえば当然です」(前出・音楽関係者)

 もちろん、AKB48の『恋するフォーチュンクッキー』も有力候補であるのは間違いない。指原莉乃の初センター曲として初登場チャート1位になり、初週133万枚を売り上げた同曲。わかりやすくてキュートな振りつけがうけ、企業や地方自治体までがダンスをする姿を動画サイトに投稿。セールスだけではない、一大ムーブメントを起こしている。

 では、どちらが大賞により近いのだろうか?

「選考基準のひとつに“その年度を強く代表・反映した作品”というものがあります。そういう意味ではどちらが選ばれてもおかしくありません。セールスではAKBがEXILEに勝っていますが、2010年のレコ大のときも、セールスではAKBが上回りながらEXLIEが大賞を獲っています。今年はどちらが大賞を獲るか、まったくよめない状況です」(前出・スポーツ紙音楽担当記者)

 12月30日の決定の瞬間まで目が離せそうにない。



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
4年連続売上No.1 AKB48最新カレンダーのお宝写真先行公開
日本交通の恋チュン動画が130万PV 映像見てタクシー指名も
元AKB48の女社長・川崎希「AKB時代は私服販売で自転車操業」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP