ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

知らなきゃ損!一人暮らしの節約術

DATE:
  • ガジェット通信を≫

いよいよ12月。学生の皆さんのなかには、来春の就職や入学を控え、ひとり暮らしの準備を始める人もいるだろう。ビジネスパーソンなら、12月のボーナスをあてに、引っ越しを考える人もいるかもしれない。

【画像や図表を見る】

ただ、新生活はワクワクする半面、毎月の出費については不安も多いもの。そこで知っておきたいのが、家計の節約術だ。特に昨年来の値上がりで負担が増している「電気料金」と、使い方やプラン次第で負担が大きく変わる「通信料金」の節約ノウハウを伝授しよう。

<電気料金の節約術>
□「エアコンは使う前に掃除」
ひとり暮らしで注意したいのがコレ。必ずしも前の住人や大家さんが据え置きのエアコンをきれいに清掃しているとは限らず、フィルターの汚れは暖房効率の悪化に。

□「エアコンのスイッチをこまめに切らない」
エアコンは、つけてから最初の10分程度が最も消費電力が多い。ゆえにこまめなスイッチのオン・オフは厳禁!

□「温水洗浄便座のふたを閉める」
開けたままだと座面の熱が下がるので、消費電力が増えてしまう。

□「電気料金のプランをライフスタイルあわせる」
朝得プランや夜得プラン、半日お得プランなど。意外と知らない人も多いが、実は電気料金にも生活時間帯に合わせたお得なプランがいくつか存在する。

他にも、「液晶テレビの明るさを下げる」「こたつを使う際は、床面にアルミシートを張る」など、細かな節約術はたくさんあるので調べる価値アリ。

<通信料金の節約術>
□「通話にIP電話アプリを利用する」
Wi-Fi利用と合わせると効果的。よく連絡する相手同士なら、互いにIP電話アプリをインストールして通話したほうが経済的。

□「バックグラウンドの通信監理アプリを使う」
スマホアプリのなかには、定期的に通信を行い、最新情報を取得するものもたくさんある。こうしたバックグラウンドでの通信を自動で管理・切断し、無駄なデータ通信量を節約してくれるアプリがある。(例:『パケット0円生活(Packet Save Life)対象:And』

□「ブラウザアプリを変える」
スマホには標準でブラウザアプリがインストールされているが、ブラウザのアプリによっては、独自技術によってデータの通信量を圧縮し、通信料の節約につながるアプリもある。(例:『Opera Mini』 対象:iOS/Andなど)

□「セット割引」などおトクな料金プランに変更
見逃せないのは、通信会社が展開する独自のセット割引。例えばauは、スマホとルーターをセットで契約した人を対象に、月額のスマホ利用料金を割り引く「auスマートバリューmine」を実施中。Wi-Fiルーターを2年契約すれば「月々780円」、4年契約すれば「月々980円」が、契約期間中、割引となる。しかも、2014年8月31日までに申し込めば、2年契約でも最大2年間980円割引となるキャンペーンも実施中。一人暮らしの部屋にネット環境を入れたいけど、配線などややこしい設定が面倒という人は、一度検討してみるべき。こうしたプランを活用するかどうかで、通信費の負担は大きく変わる

以上、知れば知るほど得をし、知らねば知らぬほど損をする――それが節約術だ。新生活は無駄な出費を減らし、賢くスマートにスタートしよう。
(R25編集部)

知らなきゃ損!一人暮らしの節約術はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
通信3社のユーザー評価 勝者は?
iPad Air安く使う方法は?
5s5c総合満足度はauに軍配
Android端末の注目新機種は
新iPhoneの実力&新機能

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。