ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

天気によって美人度が変わる!? 一番キレイに見えるのは○○の日

DATE:
  • ガジェット通信を≫

天気によって、美人に見える日やメイクの映える日があるって、知ってました? じつは「曇りの日」こそ、もっともキレイに見える日なんです。
今回は、なぜ曇りの日にキレイに見えるのか? また、晴れの日や雨の日に気をつけたいメイクのポイントをご紹介します。
■薄曇りの日は光の加減がちょうどいい!
たとえば写真を撮るときに、照明が明るすぎると顔が飛んで真っ白になったり、逆に暗いとくすんで見えたりしますよね。 このように、光の加減で顔の見え方は変わってくるのですが、太陽の光(天気)も同じこと。
晴天は明るすぎ、雨は暗すぎ、ちょうどいい光量なのが、曇りの日なんです。
曇りの日は光が強すぎないため、顔に影ができにくく肌もキレイにみえるし、メイクの色もキレイに映えるといわれています。
■晴天の日はラメやパールに気をつけて!
晴天の日は、太陽の光が顔に反射しやすくなります。
そのため、ラメやパールなどの光りものは必要以上にギラギラして、ハデな印象になってしまう可能性がありますので、控えめにしておきましょう。
■雨の日はチークとリップに明るい色を!
雨の日は太陽の光が届かず暗くなるので、顔もどんよりくすんで見えてしまいます。チークとリップに明るい色を使って、顔色をよく見せるメイクを心掛けるといいですよ。
これからはファッションやTPOだけじゃなく、その日の天気に合わせたメイクも楽しんでみてくださいね☆
photo by Thinkstock/Getty Images



(グリッティ)記事関連リンク
半身浴より有効!? フェロモンが吹き出す「腰湯」のススメ
毛穴の黒ずみは「汚れ」だけじゃない! 毛穴を黒く見せる意外な原因とは?
顔にベビーパウダー!? オイリー肌でもすっぴん風の赤ちゃん肌はつくれる

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP