体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Nexus OneでAndroid 4.4(KitKat)が利用可能(但し、カスタムROMで)

2010年に発売された初代Nexusスマートフォン「Nexus One」用のAndroid 4.4(KitKat)がXDA Developersでリリースされました。Nexus Oneは、3.7インチWVGAのAMOLEDディスプレイ、Snapdragon QSD8250 1GHzシングルコア、512MBのRAMとROMを搭載するなど、今となってはかなり低スペックなスマートフォンです。OSアップデートはAndroid 2.3で終了となっているので公式版Android 4.4が提供されることはありませんが、XDAの有志のおかげでかろうじて生き延びています。ROMはAOSPベースで、アンテナアイコンの本数変更やボリュームボタンでのトラック入れ替えといった小規模なカスタマイズが施されています。起動はするものの、画面の表示が乱れたり、カメラプレビューが機能しなかたり、動画を撮影できなかったり、3Gデータ通信が不安定だったり、USBテザリングが機能しないなどの様々な問題を抱えています。また、ROM容量が512MBと少ないことから容量を絞るために動画エディタやカレンダー、メール、クイックサーチボックスなどの不必要のアプリを削除しているほか、着信音も新しいものだけを残しただけ。ブートアニメは無しの状態になっています。

Source : XDA Developers



(juggly.cn)記事関連リンク
サンワサプライ、小型NFCタグシール10枚入りセットとNFCタグシールの自作キットを発売
「KitKat Launcher」がv1.5.2にアップデート、ステータスバーの非表やアプリアイコン・ラベルのカスタマイズに対応
Geeksphone、Androidも動作するハイスペックなFirefox OSスマートフォン「Revolution」を発表

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。