ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

カスタムROM「Paranoid」に端末の操作性を損なわずにフルスクリーンモードで運用できる「没入モード」が追加される予定

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

AndroidベースのカスタムROM「Paranoid」の開発チームが、今後リリースされるParanoid 4.0に「没入モード(Immersive Mode)」と呼ばれる新しい表示モードを追加すると発表しました。没入モードは、Android 4.4(KitKat)に追加された「拡張デスクトップ」機能を独自に拡張したもので、機能を有効にすると、全てのアプリがフルスクリーンモードで実行されるようになり、端末操作を行う場合などにステータスバーとナビゲーションをアプリに重ねて表示します。ステータスバーとナビゲーションバーによる操作性を損なわず、アプリの表示領域を拡大できる素晴らしい機能です。次の動画では、QuickSettingsパネルで機能を有効にするとホーム画面やChromeブラウザがフルスクリーンモードで実行され、画面の上下端に触れたり、キーボードを表示した場合にのみ操作用のナビゲーションバーがオーバーレイ表示されています。Source : Google+



(juggly.cn)記事関連リンク
サンワサプライ、小型NFCタグシール10枚入りセットとNFCタグシールの自作キットを発売
「KitKat Launcher」がv1.5.2にアップデート、ステータスバーの非表やアプリアイコン・ラベルのカスタマイズに対応
Geeksphone、Androidも動作するハイスペックなFirefox OSスマートフォン「Revolution」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。