ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

HTCが台湾で「HTC Desire 700 / 601 / 501 / 300」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

HTCは11月27日、台湾で4機種のDesireスマートフォン「HTC Desire 700」「HTC Desire 601」「HTC Desire 501」「HTC Desire 300」を正式に発表しました。今回発表された4機種は、画面サイズ4.3インチ~5インチまでのエントリーレベル~ミッドレンジクラスのAndroidスマートフォンです。「HTC Desire 700」と「HTC Desire 501」は中国で発売された「HTC Desire 7060」と「HTC E1(HTC 603e)」がベースの製品で、「HTC Desire 601」と「HTC Desire 300」はIFA 2013でグローバル市場向けに発表された製品です。初めてお目にかかる機種は1つもありません。HTC Desire 7005インチ960✗540ピクセルのSuper LCD2と1.2GHz駆動のクアッドコアプロセッサを搭載したデュアルSIM・デュアルスタンバイ対応スマートフォン。OSはAndroid 4.1.2(Jelly Bean)で、HTCのカスタムUIは「Sense 5」を搭載。前面にBoomSoundスピーカーを搭載するほか、Sense 5の機能であるHTC BlinkFeed、HTC Zoe、VideoHighligts、HTC Shareなども利用できます。HTC Desire 6014.5インチ960✗540ピクセルのSuper LCDとSnapdragon 400 1.4GHzデュアルコアプロセッサを搭載したAndroidスマートフォン。台湾モデルはLTEに対応していませんが、デュアルSIM・デュアルスタンバイに対応しています。OSはAndroid 4.1.2(Jelly Bean)で、HTCのカスタムUIは「Sense 5」を搭載。HTC BlinkFeed、HTC Zoe、Video Highlights、BoomSound、Beats Audioなどに対応しています。HTC Desire 5014.3インチ800×480ピクセルのSuper LCD2と1.2GHzデュアルコアプロセッサを搭載したAndroidスマートフォン(シングルSIMです)。OSはAndroid 4.1(Jelly Bean)で、HTCのカスタムUIは「Sense 4+」を搭載しています。HTC Desire 3004.3インチ800×480ピクセルのTFT液晶とSnapdragon S4 1.0GHzデュアルコアプロセッサを搭載したAndroidスマートフォン(シングルSIMです)。OSはAndroid 4.1.2(Jelly Bean)で、HTCのカスタムUIは「Sense 5」を搭載。HTC BlinkFeed、HTC Zoe/Zoe Share、Video Highlights、Beats Audioなどに対応しています。HTC Deisre 700とHTC Desire 501は中華電信に投入されます。価格は、HTC Desire 700が13,900台湾ドル、HTC Desire 501が9,900台湾ドル。HTC Desire 601は遠傳電信に投入されます。価格は10,900台湾ドル。HTC Desire 300は台湾大哥大に投入されます。価格は7,900台湾ドル。Source : ePrice



(juggly.cn)記事関連リンク
Cerevo、スマートフォンからネット経由で電源をON/OFFできる8ポート電源タップ「OTTO」を発表
NTTドコモ、「ARROWS V F-04E」にAndroid 4.2(Jelly Bean)へのアップデートを配信開始
NTTドコモ、Xiスマートフォンへの契約変更で月々サポート適用金額を10,080円増額する「Xiへおとりかえスマホ割」キャンペーンを11月29日より実施

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。