体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

オーストラリア・ノーザンテリトリー観光レポート カカドゥ&リッチフィールド:リゾートタウンから車で行ける世界遺産・国立公園満喫編

オーストラリア・ノーザンテリトリー観光レポート カカドゥ&リッチフィールド:リゾートタウンから車で行ける世界遺産・国立公園満喫編

オーストラリア注目の観光エリア“ノーザンテリトリー”の魅力をお伝えしていくシリーズ企画。第1回「エアーズロックが迎えるレッドセンター編」、第2回「ダーウィン周辺:大人の穴場リゾート編」に続く最終回となります。今回はカカドゥ国立公園、リッチフィールド国立公園を中心に、ノーザンテリトリーの大自然や太古から受け継がれている先住民アボリジニの文化に触れられる数々のスポットを紹介。未知なる世界の魅力が詰まったノーザンテリトリー観光の醍醐味を感じ取ってください。

記事を読んで「気になる」「行ってみたい!」と思った方は、ノーザンテリトリー政府観光局のウェブサイトをチェックしてみてください。オリジナルガイドブックやトラベラーズチェックのプレゼントを用意したキャンペーン中の今が、2014年の旅行計画を立てる絶好のチャンスですよ。

アウトバックの休日 | ウルル | ダーウィン | アリススプリングス | ノーザン・テリトリー、オーストラリア
http://www.australiasoutback.jp/[リンク]

キャンペーンの詳細は『All About』のキャンペーンページをご覧ください。

「未知が、満ちてる。」さあ!オーストラリアノーザンテリトリーの旅へ! (All About)
http://allabout.co.jp/1/236556/1/product/236556.htm[リンク]

カカドゥとリッチフィールド:異なる魅力をもつ2つの国立公園

Googleマップより引用

ノーザンテリトリー北部のトップ・エンドには、壮大な大自然に親しめる2つの有名な国立公園があります。

カカドゥ国立公園

ひとつは、南北に約200キロ、東西に約100キロという広さを誇るカカドゥ国立公園。アボリジニの“ガガジュ族”にちなんで名づけられたこの国立公園は、サバンナや熱帯雨林、湿地帯などさまざまな自然環境が1か所に集まったユニークなエリアで、2万年以上も前に描かれたアボリジニのロック・アートも保存されており、ユネスコの世界複合遺産(自然遺産・文化遺産)に指定されています。ダーウィンから日帰りのオプショナルツアーも催行されていますが、オーストラリア最大の広さを誇る広大な園内は時間が許すなら3日はかけて回りたいところです。

リッチフィールド国立公園

もうひとつ、地元の人たちにも人気の国立公園は、ノーザンテリトリーの州都ダーウィンから車で約2時間と好アクセスな場所にあるリッチフィールド国立公園。滝つぼで泳いだり、トレッキングを楽しんだり、大自然を身近に楽しめるのが魅力。2013年8月には『トリップアドバイザー』の「10 natural swimming pools」に選出され、今、ますます注目度が高まっている観光スポットです。

10 natural swimming pools(TripAdvisor)
http://www.tripadvisor.com/InfoCenter-a_ctr.naturalpoolsEN2

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。