ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

伝説的ジャズ・ドラマーのチコ・ハミルトンが92歳で死去

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

 

チコ・ハミルトン 『A Different Journey』ジャケット画像

ウエストコースト・シーンを代表するジャズ・ドラマーのチコ・ハミルトンが、11月25日にNYで亡くなったことが海外メディアなどで報じらた。享年92歳。AP通信によると、彼は老衰により自宅で息を引き取ったという。 

21年にLAで生まれたハミルトンは、学生時代にクラスメイトだったチャールズ・ミンガス、イリノイ・ジャケー、デクスター・ゴードンらとのバンドを経験し、40年代にはライオネル・ハンプトン、レスター・ヤング、カウント・ベイシーなどのグループで活躍。50年代に入るとジェリー・マリガンのカルテットの一員として注目を集め、56年にはチコ・ハミルトン・クインテット名義のファースト・アルバム『Blue Sands』を発表、フルートやチェロなどを含むユニークな編成による室内楽的なサウンドで高い評価を獲得した。その後も精力的な活動を続け、自身のバンドからジム・ホール、エリック・ドルフィー、ロン・カーター、ガボール・ザボ、ラリー・コリエルら錚々たるミュージシャンを輩出。現在まで60枚以上のリーダー作や、ロマン・ポランスキー監督のサイコスリラー「反撥(原題:Repulsion)」をはじめとする映画音楽など、数多くの作品を残している。

彼は近年もコンスタントに音源をリリースしており、先月には長年のパートナーであるユーフォリア・アンサンブルとのアルバム『Inquiring Minds』を録音したという。なお、こちらは2014年初頭に発売予定とのこと。謹んで故人のご冥福をお祈りいたします。

タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。