ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

貴女はどのタイプ? 自分の外見の魅力がわかる「魅力マトリックス」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


自分の「外見」の魅力を知っていますか? 「芸能人の○○のようになりたい」「こう見られたい」そう思ってやっているメイクや髪型は、本来の魅力を打ち消しているのかもしれません。
美塾」考案の魅力マトリックスとは、女性の外見の魅力を「凛」「艶」「清」「萌」の4つに分けることで、より早く深く本当の魅力に気づくためのもの。これであなたの自己認識が180度変わるかも!
■4つの魅力に有名人をあてはめると…
詳細は魅力のトリセツでご確認ください。たとえば本来は「艶」の石原さとみさん。私の記憶ではつい3~4年ほど前まではストレートヘア(=直線的な髪型)・マットで色味を抑えた中性的なメイクで、優等生らしい「清」路線だったと思うのですが、ここ最近、女性らしいロングの巻き髪、ぽってりした唇の強調、曲線やツヤ感、色っぽさを出すようになって、すごく人気が出ましたよね!
つまり本来の魅力が「艶」なら艶らしく、女性らしさ、曲線、色っぽさを生かすべき…。ホームで戦うことがいかに効果的かを実感します。アウェイの「清」路線でがんばっても、生まれつきの「清」の人に比べると損なのです。
■人は本来の属性と反対方向に向かっている
自分はどこに属するのか? 顔や体型、肌の質感、肌色、雰囲気から何となくわかりそうですが、魅力のトリセツによれば、だいたいみんな自分の属性と逆のことをやっているようです。人は「ないものねだり」「同族嫌悪」ですから、「なりたい私」と逆(=対角線上)の本能的に忌み嫌う要素こそ、魅力として生かすべき自分の個性かも!
自己認識が変わればメイクが変わる。最大限輝くための第一歩は、自分を知って好きになること。魅力マトリックス、飲み会ネタとして診断し合いっこすれば、盛り上がりそう。男性verもありますよ。
Sexy legs image via Shutterstock
魅力のトリセツ



(グリッティ)記事関連リンク
つい「ダメ出し」しちゃう…恋愛下手解消の秘訣って?
フリーでもさみしくないもん!「クリスマスムード」の楽しみ方まとめ
飲み過ぎNG! 男性がキュンとくる「絶妙な酔い加減」はこのくらい

グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP