ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「成長ホルモン」がドバっと分泌! 寝ている間にガンガン脂肪を分解する体づくり

DATE:
  • ガジェット通信を≫


寝ている間に最も分泌され、お肌を修復してくれるキレイのもととして有名な「成長ホルモン」。せっせと脂肪を分解してくれるのもこの成長ホルモンなのですが、年齢とともに少しずつ分泌量が少なくなり、とくに25歳を過ぎるとガクンと分泌量が減ってしまうのです。
この寝ている間に太りにくくしてくれたり、美肌にしてくれたりする「成長ホルモン」をドバっと分泌させるワザが「夜の筋トレ」なんです。
■どうして夜の筋トレが成長ホルモンUPになるの?
『スキンケアの素朴な疑問”ズバッ”と解決』(学習研究社)から、AACクリニック銀座・上符先生によると、以下のようなことが起こっているそう。

「ダンベルや腹筋、スクワットなど負荷のかかる運動は筋肉の繊維を壊します。それを修復しようと睡眠中の成長ホルモンが通常の150%前後分泌されるのです。筋トレ後の3時間は成長ホルモンの分泌が高まり、寝ることでさらにUPします」

■どのくらいの筋トレをすればいいの?

「ダンベル、腕立て伏せ、腹筋、スクワットなど、2~30回を目安に。あとは自分の筋力に合わせて追加。食後30分以内の筋トレはNG」

寝る直前に運動をがんばりすぎると、睡眠の質が下がり、かえって成長ホルモン分泌の妨げになってしまうので要注意。
年齢とともに代謝が落ちて太りやすくなっていきます。また、20代前半のころは一晩寝るだけでお肌が回復していたのに、このごろ寝てもお肌の調子が戻りづらくなってきていませんか? 夜の筋トレで成長ホルモンのスイッチをオンにして、寝ているあいだに太りにくいカラダと美肌を手に入れましょう。
Luxurious bedroom image via Shutterstock



(グリッティ)記事関連リンク
野菜だけじゃダメ! コロコロウンチ解消に食べるといいもの
半身浴より有効!? フェロモンが吹き出す「腰湯」のススメ
毛穴の黒ずみは「汚れ」だけじゃない! 毛穴を黒く見せる意外な原因とは?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。