ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

KitKat Screen Capture:PC不要でAndroid 4.4(KitKat)の動画キャプチャーを実行できるアプリ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android 4.4(KitKat)で追加された「動画キャプチャー」機能をPC不要で実行できるAndroidアプリ「KitKat Screen Capture」がGoogle Playストアで公開されました。動画キャプチャー機能を利用するとAndroid 4.4端末の画面の動きを動画ファイル(MP4)として記録することができます。アプリのプロモーション動画や端末の操作方法を紹介する動画を作成するのに適しています。しかし、今のところ動画は端末だけでは撮影できず、PCを利用して「screenrecord」コマンドを実行するか、DDMSを利用する必要があります今回紹介する「KitKat Screen Capture」はその撮影操作をアプリだけで行えるようにしたものです。残念ながら、アプリの実行にはroot権が必要になるので、端末をroot化しておく必要があります(ちなみに、この手のアプリは全てroot権が必要になります)。Android 4.4向けの動画キャプチャーアプリは「KitKat Screen Capture」のほかにもGoogle Playストアでいくつか見つかりますが、この記事では実際に使ってみて一番良さそうだった「KitKat Screen Capture」を紹介します。アプリは無料です。対応機種はAndroid 4.4以上を搭載し端末です。「KitKat Screen Capture」を紹介する理由は「screenrecord」コマンドのオプションを他のアプリよりも多くサポートしている点です。画面回転のON/OFF、記録フォルダの指定、撮影時間や動画のビットレートの変更をこのバージョンではサポートしています。動画の撮影は「Start Recording」ボタンをタップすれば開始され、指定時間になると自動的に終了します。終了方法が決まっているので、YouTubeなどで公開する前にカットするなどの編集作業が必要になってくると思います(物理ボタンや音声コマンドで終了するような機能があれば思ったところで止められて便利なのですが・・・)。(参考までに)Android 4.4(KitKat)で追加された動画キャプチャー機能を利用する方法KitKat Screen Capture」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
NTTドコモ、「ドコモオンラインショップ創業感謝祭」セールを開始、金額にかかわらず送料無料、ドコモスマートフォンの5,250円特価セールなど
KDDI、大容量バッテリーを搭載した小型LTEスマートフォン「Optimus F3」を米国で発売
HTCが台湾で「HTC Desire 700 / 601 / 501 / 300」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP