ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中国Gionee、世界初となる2.5GHz駆動のSnapdragon 800を搭載した「ELIFE E7」を発表、グローバル市場で発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国のスマートフォンメーカー Gioneeが、(おそらく世界初の)2.5GHz駆動のSnapdragon 800プロセッサを搭載したAndroidスマートフォン「ELIFE E7」を発表しました。ELIFE E7は、同社の新しいフラッグシップモデルで、5.5インチ1,920×1,080ピクセルの液晶ディスプレイ(ゴリラガラス3)を搭載した大画面モデルです。ELIFE E7には対応する通信方式や内部仕様別に計3モデルが存在します。そのうちの最も高価なモデルに2.5GHz駆動のSnapdragon 800プロセッサが搭載されています。OSはAndroid 4.2.2(Jelly Bean)で、同社のカスタムUI「Amigo 2.0 UI.」を搭載しています。カメラは背面に1,600万画素の裏面照射型CMOS(OmniVision製イメージセンサー)、前面に800万画素の裏面照射型CMOSを搭載。3G版(2GB RAM+16GB ROM):2,699元(約45,000円)3G版(3GB RAM+32GB ROM):3,199元(約53,200円)4G LTE版(3GB RAM+32GB ROM):3,499元(約58,200円)3GB版(WCDMA/TD-SCDMA対応)にはSnapdragon 800 MSM8974 2.26GHzクアッドコアプロセッサ、4G LTE版にはSnapdragon 800 MSM8974AC 2.5GHzクアッドコアが採用されています。まずは、12月に中国国内で発売され、2014年以降に中国以外の国でも発売される予定です。ELIFE E7は世界40ヶ国で発売される予定なのですが、日本でも発売されるのかどうかは写真では分かりません。Source : PC Online



(juggly.cn)記事関連リンク
HTCが台湾で「HTC Desire 700 / 601 / 501 / 300」を発表
スクエニがAndroid向けに「ドラクエポータルアプリ」の配信とAndroid版ドラクエ1を先着100万名に無料配信することを予告
Sony Mobile、KDDI版Xperia Z1に最新の「アルバム」「Walkman」アプリを配信開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP