ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

はっきり言ってくれない曖昧な彼…「Yes」をもらいやすいタイミングがあった!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


11月後半になると、急に町がクリスマス色になりますね。私の事務所の並びにあるカーネルサンダース氏も、サンタ服になりました。
クリスマス過ごす人いる?」そんな会話も聞かれるようになっり、カレンダーも残すところあと1枚めくるだけ。先日は、このような相談を受けました。
■つきあっているのか曖昧な彼
「最近、親しくなった男性がいて、数回食事に行きましたが、これってつきあっているということになるのかわかりません。クリスマスも近いし、できれば関係をはっきりさせたいです。でも、どう聞いていいかわかりません」
男性は、感情表現の苦手な人が多く、「わざわざ言葉で言わなくてもいいか」と考えがちですし、なんとなく決めかねて曖昧にしているという場合もあるでしょう。
しかし、女性としては、好きなら好きと一度はちゃんと聞きたいし、つきあっているならいるで、はっきりと「私は彼の彼女なのだ」と把握し、クリスマスや年末年始の予定をたてたいものです。
そこで、今日は、曖昧な関係の彼からYesをもらいやすくなるタイミングについてお伝えします。それは、お酒にほんのり酔ったころ、一般的な人であれば、2杯程度飲んだタイミングです。
■軽く酔った状態だと「No」と言わなくなる
心理学者マクレランドがカクテルパーティの場で行った調査では、人は、お酒が進むほど、「時間」についての言及と、が全体的に「No」を言う回数極端に減ることがわかりました。お酒が進むほど、人は現実的に考えるのをやめ「No」を言わなくなる、つまり、相手の意向を受け入れやすくなったのです。
飲む量によっても、そのような心の状態は変化し、2杯目ぐらいでは、社会性のパワーといわれる、自分だけでなく周りの幸せを考えるパワーが増大します。その後、深酒になってくると、今度は、個人的なパワー、自分の利を優先させるようなパワーが増大し、やや攻撃的にもなります。
■ほどほどならお酒の力を借りるのも○
確かに、お酒が入ると、一時的にたいへん和やかになり、その後、二次会三次会と進むと、口論やけんかが始まることもありますよね。ほどよくリラックスし、社会性のパワーがアップしている状態のときに、あなたもリラックスして、素直に気持ちを話してみてください。きっとよい返事が聞けると思いますよ。
また、心理学者ウィルナックの調査では、お酒を飲むと、男性は男性らしくパワフルになり、女性は女性らしさがアップするということもわかりました。飲み過ぎは体によくないですが、たまには、お酒の力もちょっと借りて、ふたりの関係の背中を押してみましょう。
photo by Thinkstock/Getty Images



(グリッティ)記事関連リンク
フリーでもさみしくないもん!「クリスマスムード」の楽しみ方まとめ
飲み過ぎNG! 男性がキュンとくる「絶妙な酔い加減」はこのくらい
相手に好意を伝えると、相手も自分が気になってくる!?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP