ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android端末をChromecastレシーバー化する「CheapCast」がデスクトップ版Chromeのタブの転送に対応

DATE:
  • ガジェット通信を≫

AndroidスマートフォンやタブレットをChromecastレシーバー化する「CheapCast」が0.4.1-BetaでChromeumベースに刷新され、Chromeタブの転送に対応しました。これまでのChreapCastはアプリからの動画や音楽の転送にしか対応していませんでしたが、新たにデスクトップ版Chromecastのタブを転送することも可能になりました。Chromeのタブを転送するとそのタブで流れている音もCheapCast側で再生されるので、ニコニコ動画やHulu(国内版)といったChromecast非対応サービスでも転送したAndroid端末の画面で映像を視聴できるようになります。CheapCastを利用するには、Chromeウェブストアで「Google Cast」拡張機能をインストールし、転送したいタブを表示したところでChrome右上のCastボタンから「CheapCast・・・」を選択します。「CheapCast」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
Futuremark、Android版3DMarkからHTCとSamsungの一部機種を追放、CPU/GPUブースト機能が影響
リーディングモードを搭載したFeedly対応のRSSリーダーアプリ「NewsJet」がGoogle Playストアで一般公開
米Dead Zebra、オリジナルデザインのAndroidマスコットフィギュア「Android mini collectibles」第4弾を11月29日に発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP