ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

マリオの生みの親・宮本茂氏に会ってきた! 「1000万本売れたで!」

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
宮本茂とツーショット

ちょっと自慢しちゃっていいですか?『ドンキーコング』『スーパーマリオ』『ゼルダの伝説』『ピクミン』etc・・・ゲーム経験が少ない私が遊んだ思い出の作品のほとんどを手がけていらっしゃるゲームクリエータの宮本茂(みやもとしげる)さんとツーショットしちゃいました! 笑顔といたずらっぽい目が印象的で思わずこちらもワクワク。いやーヤバイです、じわじわ感動が・・・。

どうしてこんな写真が撮れたかというと、今回13回目となる『文化庁メディア芸術祭』、こちらの受賞作の贈呈式に潜入させていただいちゃったからなのです。ガジェ通もメディアですからね、行かねば。『文化庁メディア芸術祭』はアート、アニメ、映像、ゲーム、ウェブ、マンガなどさまざまなジャンルの作品群から受賞作品と審査委員会推薦作品が選ばれます。その数、約180点。宮本茂さんは功労賞!イェーイ!
http://plaza.bunka.go.jp/festival/2009/merit/miyamoto/

その宮本茂さん受賞スピーチをすこしだけ掲載させていただきます。
———
昨年12月に『New スーパーマリオブラザーズ Wii』という、久しぶりにスーパーマリオを自分で一生懸命作りました。それは予想以上、期待以上に売れてくれまして、今世界中で1000万本になりました。もうちょっと早かったら、メディア芸術賞も取れたのに、と悔しい思いをしておりますが、最近僕はゲームを作るというより、遊んでいる姿というのがすごく意識にありまして、スーパーマリオを一人で遊ぶ姿から、今度4人で遊んでいる姿というところで、ずいぶんとゲームの中を作るというより、空気を作るというか、そういうステップに一歩踏み出せたかなと思ってます。これからもまだまだ現役で、来年もねらいに行きますのでよろしくお願いします。ありがとうございました。
———
空気を作るって、いいですね。いやー、これは買いたくなってきちゃいましたよ。
最新作『New スーパーマリオブラザーズ Wii』
http://www.nintendo.co.jp/wii/smnj/index.html

さてそれでは、各部門の大賞作品と作家さんを簡単にですが紹介させていただきます。

■アート部門 大賞
『growth modeling device』
作者: David BOWEN(アメリカ合衆国)
http://plaza.bunka.go.jp/festival/2009/art/001184/

David BOWEN

ちょっとお話をさせていただいたのですが、私のつたない英語にも真剣に耳を傾けてくれ、ていねいに答えてくださいました。まじめでやさしい方ですねー。

■エンターテインメント部門 大賞
『日々の音色』
作者:ナカムラ マギコ / 中村将良 / 川村真司 / Hal KIRKLAND
http://plaza.bunka.go.jp/festival/2009/entertainment/001200/
YouTube「SOUR ‘日々の音色 (Hibi no neiro)’」
http://www.youtube.com/watch?v=WfBlUQguvyw&feature=player_embedded

img_7470

祝賀会でもPVを映しながらの生演奏がありました。すばらしかったです。メディアをうまく使い、つながりや温かみが感じられるステキな作品です。

■アニメーション部門 大賞
『サマーウォーズ』
作者:細田 守
http://plaza.bunka.go.jp/festival/2009/animation/001199/

細田 守

奥さまのご家族、親戚の方々から多くのインスピレーションをうけて、この作品を完成させたそうです。

■マンガ部門 大賞
『ヴィンランド・サガ』
作者:幸村 誠
http://plaza.bunka.go.jp/festival/2009/manga/001198/

img_73931

たくさんの方々に囲まれている中でも、なんとかこちらの質問に答えてくださろうとしてくださいました。とても丁寧な方。正装という衣装もとてもお似合いでした。

その他にも会場には人がいっぱい。個人的に気になっている方々に、またまたツーショットをお願いしてしまいました。
マンガ部門審査員主査のしりあがり寿さん。

img_7478

この方も笑顔が素敵!やさしい空気が周りに流れている方で、気さくにお話してくださいました。

『YUREX』がエンターテインメント部門の審査委員会推薦作品に選ばれた明和電気の土佐社長!

img_7481

今度ぜひインタビューさせてください。

ガジェ通でも何回か取り上げさせていただいた『ディシプリン*帝国の逆襲』もエンターテインメント部門の審査委員会推薦作品に選ばれました。すごいですね。

img_7484

左から『ディシプリン』アート担当のLucさん、企画担当の平田さん、アニメーション部門審査員で『ストレイシープ』の作家である野村辰寿さん、私、『ディシプリン』ゲームクリエータの飯田和敏さん。

選ばれた作品の展示は2月14日まで国立新美術館(東京・六本木)にて開催中。実際に触れてみることもできる作品の展示や、受賞者のプレゼンテーションなども用意されており、メディアの今を感じることのできるものになっています。入場料は無料!ぜひ会場に足を運んでみてください。

第13回文化庁メディア芸術祭
主 催:文化庁メディア芸術祭実行委員会(文化庁・国立新美術館・CG-ARTS協会)
会 期:2010年2月3日(水)~2月14日(日) ※2月9日(火)は休館
10:00~18:00(金は20:00まで)
会 場:国立新美術館(港区・六本木) 東京都港区六本木7-22-2
入場料:無料

※この記事は一部のニュース媒体ですべての写真を表示できません。すべての写真を見たい方はこちらの記事をあわせてご覧ください。
http://getnews.jp/archives/463334

■関連記事
48時間以内に名作ゲームをFlashに移植する『むりげー』第6回のお題が決定!
48時間以内に名作ゲームを移植するアイツらが集結!『超むりげー@ASAGAYA LOFT A』開催
【ニュース記事をいち早く知るなら『Twitter』で! ガジェット通信の記事配信アカウントもできたぞ

020の記事一覧をみる ▶

記者:

TwitterID: miho020

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。