ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

季節外れが◎! 冬の屋形船デート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

花見や花火鑑賞など、春夏が“シーズン”と思われがちな屋形船。しかし、屋形船の醍醐味である「水上からの景観や夜景」を楽しむなら、空気が澄んでいる冬場を見逃す手はない。船内は暖房完備で暖かいうえ、船上では屋形船の定番“会席料理”はもちろん、クリスマスシーズンにぴったりな“洋食”だって食べられる。そこで今回はデートコースのマンネリ化に悩みがちな男子に、「冬の屋形船デート」をご紹介しよう。

【画像や図表を見る】

「カップルでのご利用なら、2名様から申し込みいただける乗合屋形船がオススメです。団体のお客様と近くにならないよう席次も配慮します。冬場は鍋料理もありますし、他に創作洋食や焼肉会席などのコースもあるんです」

そう教えてくれたのは、大正時代から営業を続ける屋形船・濱田屋の専務取締役・松本淳子さん。特にこの冬オススメの周遊プランはどんなものがあるだろうか?

「『隅田川・お台場周遊ルート』は通年運航していますが、11/23から12/28の間はお台場の夜景をバックに花火が上がる『お台場レインボー花火』を見ることができます。他には、スカイツリーを眺めながら隅田川を往復するルートも人気です。夜景のビューポイントでは数十分停泊するので、デッキに上がって夜景をお楽しみいただけます」

さらに、誕生日をお祝いしてくれるなどサプライズ演出のうれしいサービスも。

「例えば、以前、花火が打ち上がるタイミングにあわせて、デッキで花束を渡す演出をしたいというお客様がいらっしゃいました。それと同じように、花束やケーキ、プレゼントなどをこちらでご用意するか、お預かりして、お客様のご希望のタイミングで渡せるようご協力させていただきます」

気になるお値段はというと、創作洋食コースのスカイツリー周遊ルートは2時間で5980円、温かい鍋料理がつく特選鍋会席の隅田川・お台場周遊ルートは2時間半で9975円~。どちらも飲み放題込みで、事前予約制。2月など真冬の寒い時期は、通常料金より値下げすることもあるという。

そのほか、濱田屋以外でも東京湾を周遊している屋形船は数多い。周遊ルートも、ディズニーリゾートの花火やみなとみらい、赤れんが倉庫、大桟橋、ベイブリッジなど様々だ。

温かい料理に綺麗な夜景。いつもとは違うデートで、大好きな彼女を喜ばせよう。

(辻村 文/HEW)
(R25編集部)

季節外れが◎! 冬の屋形船デートはコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
通信3社のユーザー評価 勝者は?
iPad Air安く使う方法は?
5s5c総合満足度はauに軍配
Android端末の注目新機種は
新iPhoneの実力&新機能とは

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP