体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【東京モーターショー2013】SUBARUブースイチ押しの“スポーツツアラー”『LEVORG』

【東京モーターショー2013】SUBARUブースイチ押しの“カッコいいワゴン”『LEVORG』

11月23日から12月1日にかけて一般公開されている『東京モーターショー2013』。SUBARUブースについては、『RICOH THETA』で撮影した360°写真がウェブで公開されていたり、スマートフォンアプリでスタンプ撮影やバーチャルコンパニオンの解説が楽しめるという情報をご紹介してきましたが、実際にブースを訪れてみたのでレポートをお届けします。

LEVORG LEVORG LEVORG

今回、SUBARUがメインでフィーチャーするのが世界初公開となる『LEVORG(レヴォーグ)』。ブース奥には計3台の『LEVORG』を展示した“LEVORG ZONE”が設けられています。中央の『LEVORG』は可動スタンドに設置され、さまざまな角度からそのデザインを見ることが可能。

「LEVORG」の名前の由来は、同車がその流れをくむ「LEGACY(レガシィ)」と「REVOLUTION」「TORING」を掛け合わせた造語だそうです。「革新スポーツツアラー」というコンセプトを表現する車名になっています。

「スポーツツアラー」とは、ものすごく簡単に言うと「カッコいいワゴン」のこと。スポーツカーのように車高が低く、スポーティーな外観と走りを実現しながら、荷物の積載量を確保したワゴンとしての利便性を持たせているのが特徴です。

『レガシィ』との違いを説明員さんに尋ねたところ、『レガシィ』自体は次期モデルも予定していると前置きしながら、「よりコンパクトで、燃費や環境性能も差別化しています。『アイサイト』の次期バージョンを搭載していることも特徴です」とのこと。

LEVORG LEVORG LEVORG エンジン

左手には『LEVORG』の外観をぐるっと見ながら登っていけるスロープがあり、エンジンの展示コーナーにつながっています。

ビューイングギャラリー

さらに進むともっと上から『LEVORG』を見下ろしたり、SUBARUブース全体を見渡せる“ビューイングギャラリー”に。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。