ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中国発 背景に見事に溶け込む「透明人間」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


リウさんの公式サイトより
遠くから見たらなんの変哲もない本棚なのに、よく見たら人がいる。こういった背景に溶け込んでいる作品を生み出し続けているのが、中国のアーティスト、Liu Bolinリウ・ボーリン)さんだ。以前ネットでも話題を集めたが、今回また、彼の写真が話題を呼んでいる。

リウさんは、2005年に「Hiding in the City」という、自身を背景に溶け込ませる作品の制作をはじめた。〝透明人間〟として世界各国、あらゆる場所の背景となり、人々に驚きを与えている。

2013年2月、世界中からハイレベルのプレゼンテーションが集まるカンファレンス「TED」に参加した際には、作品の制作過程や制作の意図が明かされている。制作は助手との共同作業で、まずカメラの位置を決め、どこをどのように、どんな色で塗るか、などの指示を与えて出来上がるそうだ。ありふれた生活の背景に溶け込むことによって、矛盾や混乱だらけの社会問題等の関心を呼び起こそうとしている。

※以下、画像はすべてリウさんの公式サイトより引用








また、リウさんは「透明人間」だけでなく、彫像作品も多数創っている。こちらもおもしろいものばかりだ。



なお、11月29日(金)まで、コロンビアで個展を開催中とのこと。ぜひ、日本でも透明人間をやってほしい!

関連商品


Liu Bolin: The Invisible Man発売 : 2011年10月31日
価格 : 6,223円(税込み)
発売元 : Timezone 8

関連記事

現代美術家・村上隆、明治大学で公開講座決定
圧倒的爆ポップ感──絵画/漫画/アニメ作家・ぬQ、ついに初個展
イラストレーター・ざいん、初個展「ストレンジャーズ・ピンク」
美術展の混雑度がわかる 「あの展覧会混んでる?」β版公開
スプツニ子!の新作『ムーンウォーク☆マシン』 東京都現代美術館にて

関連リンク

Liu Bolin Art Studio
リウ・ボーリン 「見えない男」 Video on TED.com

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP