ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

〈bounce〉11月25日発行号は三浦大知、禁断の多数決、ユアソンが表紙!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 


〈bounce 361〉表紙画像

 

タワーレコードが毎月25日に発行しているフリーマガジン〈bounce〉。ここでは、11月25日発行の361号の情報をお知らせします! 

今回は、ニュー・アルバム『The Entertainer』を11月20日にリリースしたばかりの三浦大知、同日にセカンド・アルバム『アラビアの禁断の多数決』が発売となった富山発の6人組バンド・禁断の多数決、そして3年半ぶりのオリジナル・アルバム『OUT』をやはり11月20日に発表したYOUR SONG IS GOODが表紙に登場! 彼らに加え、ダニー・ブラウン、supercell、Ovall、Alfred Beach Sandal、ゲスの極み乙女。、THREE LIGHTS DOWN KINGS、東京カランコロン、THE RiCECOOKERSらのインタヴューも掲載しています。

さらに、Fla$hBackSのFebbやDJ HAZIMEをフィーチャーした日本語ラップ特集〈WINTERWARZ.JP〉、先月にアルバム『トウカイXテイオー』とシングル“知らざあ言って聞かせやSHOW”が再発されたTOKONA-Xと”E”qual、AKIRAが結成していたM.O.S.A.D.を取り上げた〈PEOPLE TREE〉、オススメのニュー・リリースだけを厳選してレヴューする〈NEW OPUS〉、アニメ関連の素敵な音楽にフォーカスする〈二次元以上。~brilliant sounds from 2D and over〉と1組のアーティストをそのリリース歴から掘り下げていく〈DISChronicle〉が新たにスタートした連載コーナーなど、今回も盛りだくさんの内容でお届け。

なお、タワー全店で無料配布している〈bounce〉は、ご好評につき361号もTOWER RECORDS ONLINEにて数量限定で販売します。なかなかお店まで足を運べないという方はご活用ください!

★bounce 361号のマガジンページはこちらから
★bounce 361号のオンライン取り扱いの詳細はこちらから

 

〈bounce 361〉コンテンツ
【BLOW UP!】
ゲスの極み乙女。/THREE LIGHTS DOWN KINGS/東京カランコロン/THE RiCECOOKERS

【INTERVIEW FEATURE】
三浦大知禁断の多数決/ダニー・ブラウン/supercell/Ovall/Alfred Beach Sandal/YOUR SONG IS GOOD

【POWER PUSH】
Acid Black Cherry

【特集】
日本語ラップの大寒波は熱い!
WINTERWARZ.JP
Fla$hBackSから今度はFebbだ!/時代を切り取ったDJ HAZIMEのリーダー作/重要ディスクガイド

【PEOPLE TREE】
M.O.S.A.D.

【360°】
2013年的に聴き返したいミュート35年の歴史/10年ぶりの新作!! あんな人やこんな人もレコメンする外道って何?/二階堂和美が映画「かぐや姫の物語」ほかジブリ作品楽曲を歌う

【SPOTLIGHT!】
rega/swimmingpoo1/eznokka/blue marble/笹木ヘンドリクス/きのこ帝国

【新連載!】二次元以上。~brilliant sounds from 2D and over
夜桜四重奏

【IN THE SHADOW OF SOUL】
〈第69回〉80年代のモータウン

【DISChronicle】
〈第1回〉尾崎亜美

【ZOKKON -candy floss pop suite-】
〈第25回〉クルミクロニクル

【New Opus】
Nao Yoshioka/エンパイア/エレクト・ダンス・ミュージック/ソルト・カテドラル/ペイル・ファウンテンズ/アラン・マッギーの新レーベル/大森靖子/bloodthirsty butchers

【SURROUND】
G-DRAGONのソロ初ドーム公演/サカナクションの幕張メッセの豪華ライヴ!

【連載】
ハマ・オカモトの自由時間――〈第27回〉ディアンジェロ
ROCKひよこ組――〈No.61〉SHISHAMO
tofubeatsの棚の端まで――〈第9回〉長く~甘い~アレ
生形真一の六弦生活――〈第12回〉ジェフ・ベック
KOHOLO――青柳拓次が紡ぐ言葉の音
その時歴史は動いた――〈第51回〉伊藤つかさ
UJTのマンガDROP!

タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP