ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

代謝がアップする食べあわせを知れば、我慢せずに痩せていく!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


ダイエットに必ず関わってくるのが「食事」。いろんなダイエットが流行っては消えていくという現状なので、どれが本当にいいのかわからなくなってきますよね。
そんなときに見つけた『ダイエットはオーダーメイドしなさい!』(幻冬舎)という本は、ちまたに溢れるダイエット方法を簡単にまとめてくれていました。自分の性格や体質に合わせたダイエットができるようになっているのでとっても実践向き! 今回はそのなかでも、食事法に目をつけた代謝されやすい食べ合わせ方法をご紹介します。
1. ご飯+豆+野菜

「炭水化物+ビタミンB1+食物繊維=代謝されやすい」

ご飯に納豆に野菜サラダなんて、日本の朝ごはんの代表みたいですよね。それだけ、日本食は健康的で痩せやすい食事なんです。ビタミンB1はキノコ類にも含まれているので、しいたけを焼いて食べるなどの工夫もアリですね。
2. 肉+緑黄色野菜

「タンパク質+ビタミンB6=代謝されやすい」

赤身のお肉からは、良質なタンパク質が取れます。ダイエット中でも食べ合わせに気をつければ問題ありません。でも、気をつけたいのがお米と一緒に食べるとよくないってことです。お肉を食べるとご飯がすすみますが、そこは我慢しないと危ないですよ!
3. 脂質+カボチャ+人参

「脂質+ビタミンB2+ビタミンA=代謝されやすい」

脂質が多いのは乳製品のチーズなどです。ということは、カボチャやビタミンA、B2の入った野菜のチーズフォンデュはダイエット中でもOK! 家飲み女子会でも、安心して食べられそうです。
ちなみに絶対に避けたい食べ合わせは、炭水化物+タンパク質+脂質です。つまりご飯とお肉とチーズなんて太るための食事ってことですね。
オーダーメイドダイエットなんて聞くと、わざわざ専門家に聞かなきゃいけないのかな? と思ったのですが、すごく簡単に性格や生活習慣から自分に合っているダイエットを見つけることができます。
「発汗=脂肪燃焼ではない」にはちょっと驚きましたし、「偽の食欲のコントロール方法」はどんなダイエットにも応用できます。この本1冊で、あなたのオーダーメイドダイエットが見つかりますよ☆
Pumpkin image via Shutterstock



(グリッティ)記事関連リンク
ダイエットのために寝る!?「快眠ホルモン」を知れば寝るだけで痩せていく
ツンとした上向きヒップ…必要なのは「腹筋」だった!
ダイエットのつもりが「老化の加速」に!? 危ない食事バランスをチェック

グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP