ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

鶴瓶、長渕ら慕う「芸能界の母」白川由美 実家処分の理由とは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 雨風によって外壁は色あせ、伸びきった植木は車道からはみ出し、塀も所々崩れ落ちている。その2階建て一軒家は、広い庭にも雑草が生い茂り、数匹の猫が住み着いていた。この家は白川由美(77才)が所有しているものだという。

「もともとは白川さんのご両親と弟さんが暮らされていたんですが、10年以上も前でしょうか、ご両親が亡くなられて弟さんも出て行かれ、白川さんが相続されたんです。でも、見ての通り、それからは誰も住んでいないようで…」(近所の住民)

 白川といえば、面倒見の良さから笑福亭鶴瓶(61才)や長渕剛(57才)など多くの共演者から慕われ、「芸能界の母」とも呼ばれている。なかでも松嶋菜々子(40才)からは、仕事だけでなく、娘のお受験についても相談を受けていた。

 2003年に夫の二谷英明さん(享年81)が脳梗塞を患い、芸能活動を休止すると、夫を支えるために白川は仕事を増やした。そして彼女が出演した『ハケンの品格』(2007年・日本テレビ系)や『家政婦のミタ』(2011年・日本テレビ系)などは大きな話題となった。

「実家のことは当然気にはかけていたと思いますが、両親との思い出が詰まった実家なので、処分するのは気が引けるし、旦那さんのことや仕事のこともあって忙しく、どうすることもできないでいたんだと思います」(白川の知人)

 2012年1月に夫を亡くし、ついにその家を手放すことにしたという。

「終活といいますか、ご自身も高齢になり、財産整理をしているのではないでしょうか。11月下旬に工事が始まって、新たに5棟の家が建つ予定だそうです」(前出・白川の知人)

※女性セブン2013年12月5日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
小林幸子 両親との思い出詰まった豪邸に年下夫を招き入れる
2012年名言 郷ひろみ「彼女が僕の両親をいたわってくれる」
トム・クルーズの5才の愛娘 衣装代に年間約2.9億円との噂

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。