ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

宮崎駿氏『風立ちぬ』製作当初に「これで引退」と言っていた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 この夏大ヒットした映画『風たちぬ』以外にも数々の名作を生みだしているスタジオジブリ。これら珠玉の作品の数々は、想像を絶する過酷な作業の果てに生み出されている。

 宮崎駿監督(72才)について、博報堂のジブリ担当(2003年から博報堂DYメディアパートナーズ)で、『崖の上のポニョ』では、大橋のぞみ(14才)と主題歌を歌った藤巻直哉さん(61才)はこう話す。

「宮崎さんは、映画を作るたびに“命をかけなきゃダメなんだ”ってよく言っていました。今まで生きてきた全ての人生を注ぎ込むんです」

 だからこそ、スタッフにもその覚悟を求めた。

『ポニョ』の製作に密着したドキュメンタリー番組『プロフェッショナル 仕事の流儀』(NHK)には、こんなシーンがあった。

 小さな鳥が何羽も飛び交う風景シーン。時間にして数秒ほどのカット。その風景を描いたアニメーターに宮崎さんはこんな憤りを見せた。

「鳥を描こうと努力してないと思います。これじゃ飛ばないと思いますよ、鳥は…。ケンカ売られている気がしますよ!」

 そんな数秒のカットにも一切の妥協をしない。だから肉体だけでなく精神的にも追い込まれる。むしろ追い込まれなければ作れない。映画製作中の宮崎さんは、脳みそが“開きっぱなし”の状態だという。ゆえに家に帰っても眠れない日々が続いた。

 そのため、いつからか、仕事がどんなにはかどっても帰る時間を決めた。そして、ひとりでスタジオから自宅まで車で帰るまでの間、必ずこんな“儀式”をしていた。

「バスの数を数えるんだそうです。バスが1台、2台って。そうやって脳みそをクールダウンさせていく。それをすることで脳みそが閉じて、眠れるようになるんだそうです」(前出・藤巻さん)

 映画を作る作業。ジブリ作品の場合、それは命を削る作業ともいえる。72才という体には、すでに限界だった。

 9月6日に行われた宮崎駿監督の引退会見で、鈴木敏夫プロデューサー(65才)は、宮崎さんの引退を聞いたのは、6月19日の『風立ちぬ』の初号試写直後と語った。だが実際は、もっと前だったという。鈴木さんが今回の取材で明かしてくれた。

「実は、宮さんは『風立ちぬ』の製作当初から“これで引退。いくらなんでも限界だ”と言っていたんです。完成した時には、“記者会見をすぐやりたい”と言ってきました」

※女性セブン2013年12月5日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ジブリ鈴木P『風立ちぬ』『かぐや姫』は2人の監督への退職金
宮崎駿監督引退で後継者問題 確執ある長男の吾郎氏は微妙
宮崎駿 庵野秀明を「血を流しながら映画作っている」と評価

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP