ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アイソン彗星の見頃&観測ポイント

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「アイソン彗星」とは2012年に発見された彗星で、一時は満月より明るくなるかも…という予測も出た。これが、11月末から12月初旬にかけて接近するのだ。

【大きな図表や画像をもっと見る】

ちなみに、ISON(国際科学光学ネットワーク)の40cm反射望遠鏡で発見されたことから、この名前が付いた。国立天文台天文情報センター(東京・三鷹市)・専門研究員の臼田-佐藤功美子さんは言う。

「アイソン彗星の特徴は、太陽をかすめる軌道を持つこと。太陽に最接近するのは11月29日ですが、この前後2~3日は太陽に近づきすぎて観測が困難です。11月24日以前、または12月4日以降に明け方の東の空低くに注目してください」

最接近時の太陽との距離は約190万km。太陽の直径が140万kmなので、文字どおり「太陽をかすめる」彗星だといえる。その後、12月26日に地球から約6400万kmの距離を通過する際も、「世紀の大彗星」として夜空に出現する可能性がある。

なお、アイソン彗星が太陽に近づくのは今回の一度きり。これを受けて、各地で観測イベントが予定されている。

東京・六本木ヒルズの森タワーでは、「六本木天文クラブ」主催で12月6日~8日(4時~)に日本一高い屋外展望台「スカイデッキ」で観察会が行われる。天文台を有する宿泊施設、奈良・大塔コスミックパーク「星のくに」でも12月7日に観測会を行う(翌日早朝)。また、山梨県立科学館では「星を見る会~アイソン彗星特別観望会~」と題して、12月15日4時30分から展望テラスで観望会を実施する。静岡・浜名湖遊覧船では12月14日の夕暮れ時に「冬のアイソン彗星観望会」クルーズ(フラワーパーク港発着)が予定されている。

彗星は流れ星と違って、観測できる時間は長い。何らかのお願いをしてみると、ご利益があるかも!?
(石原たきび)
(R25編集部)

アイソン彗星の見頃&観測ポイントはコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
天気悪くても天体観測できるグッズ
「きぼう」アプリの実力とは?
肉眼で見える彗星が地球に接近中!
「彗星」天体ショー観察のコツ
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。