ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

全国民の関心事! メルボルンカップ開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

11月5日、オーストラリアのフレミントン競馬場で、153回目を迎える伝統の「メルボルンカップ」が開催された。この日、オーストラリアでは「メルボルンカップデイ」として開催日が祝日になってしまうほど(!)。普段は競馬に興味のない人も、このときばかりは仕事の手を止めてレースに熱中するという。写真はレース当日、競馬場を訪れた市民たちだ。

【画像や図表を見る】

今年の優勝馬は地元オーストラリア、ゲイ・ウォーターハウス厩舎の1番人気Fiorente(フィオレンテ)。女性調教師が育てた競走馬が「メルボルンカップ」で優勝したのは初めてのことだという。

また、このレースで4着だったシムノンと11着に敗れたドゥナーデンはともに11月24日に日本の東京競馬場で行われるジャパンカップに出走することが決まっている。ドゥナーデンは2011年のメルボルンカップの優勝馬。近走は不振の続くドゥナーデンだが、世界を股に“駆ける”サラブレッドが、日本でどんな走りをするのか注目をしてみてもいいかもしれない。
(R25編集部)

全国民の関心事! メルボルンカップ開催はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
競馬場に巨人降臨でネット狂喜乱舞
地方競馬で八百長?ネット住民告発
2万円から。「一口馬主」の皮算用
珍名も多い競走馬の「厳格ルール」
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP