ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

定番のAndroid向けホームアプリ「Apex Launcher」がv2.2.0のベータ版でAndroid 4.4(KitKat)に対応

DATE:
  • ガジェット通信を≫

サードパーティのホームアプリの定番「Apex Launcher」のデフォルトテーマが11月19日にリリースされたv2.2.0のベータ版でAndroid 4.4(KitKat)風に刷新されました。Apex LaunceherはAndroidの標準ホームアプリをベースに、外観をカスタムテーマやアイコンパックで変えたり、ホーム画面やアプリドロワー、ドックバーなどの各要素をカスタマイズできる機能が特徴のホームアプリです。Nova Luancherと並んで人気があります。2.2.0のベータ版でデフォルトテーマがAndroid 4.4風に変わったことで、Android 4.3以下の端末でドロワーボタンのデザインがNexsu 5風になり、Nexsu 5などのAndroid 4.4端末でアプリを利用すると、ステータスバーとナビゲーションバーが透過表示になります。Apex Launcherのベータ版は、同アプリのベータテストプログラムに参加すれば試すことができます。まずは、Googleグループに参加し、Google Playストアの「テスターになる」ボタンをクリックすると、Google Playストアがベータ版に変わります。



(juggly.cn)記事関連リンク
Android版「Pocket(旧Read It Later)」のAndroidアプリがv5.0.0にアップデート、アプリUIがスライド型メニューバーを備えたモダンなデザインに刷新
64bit版Androidを搭載したIntel Bay Trail搭載タブレットが来年中にリリースされる見込み
Google製「Nexus 5 バンパーケース」のレビュー

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP