ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

FXで一晩のうちに2000万円損失…そのとき人はどうなるのか?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


 今、生活の不安や将来のため、そして自由になるために、仕事とは別に副収入をつくろうと、株やFXにチャレンジする人もいますが、そうした投資は気をつけてやらなければ大損してしまうことがあります。

 山口堯史さんが執筆した『「僕らはもっと自由になれる」3年で10億円稼いだ私の成功法則』(角川学芸出版/刊)は、山口さん自身の体験に基づきながら、どのようにすればFX(外国為替証拠金取引)で稼ぐことができるかを説明した一冊ですが、実際に山口さん自身も株やFXで大損をしている経験の持ち主。それはかなり壮絶だったようです。
 今回はそんな山口さんにインタビューをすることができました。前編では、FXで一晩のうちに2000万円を損失した衝撃的な話からうかがっています。

■FXで大損失、そのとき人はどうなるのか?

―『「僕らはもっと自由になれる」3年で10億円稼いだ私の成功法則』というタイトルがとても印象的ですが、このタイトルの意味から教えていただけますか?

「まず『僕らはもっと自由になれる』というところをお話すると、私たち日本人だけでなく欧米人も含めて、人間は誰しも自由というものを実感することが難しいと思うんですね。いつも何かに追われていて、仕事もしないといけない。
今、FXという名前で広まっていますが、外国為替証拠金取引が日本で個人向けに解禁されて10年ちょっとになります。私はそのFXが人を自由にできるツールだと思っているんです。私たち大人にとって、自由は経済的な豊かさと切っては切れないものですし、私はその豊かさを実現するためにFXが最適な方法だと考えています」

―本書は前半が山口さんの半生について触れられていて、後半はガチなFXの攻略法が掲載されています。まずは前半部分からお話を聞きたいのですが、FXで一度、一晩で2000万円損失したことがあると書かれていたのですが、これは本当なんですか?

「本当です(笑)」

―インターネット上で、一晩でとんでもない額を燃やした人の体験談を読んだことがありますが、目の前が真っ暗になるとか。

「そうですね。もう……。FXで損失を出すということは、100%その人の責任です。FXの口座に入れるお金の額は自分で決めているわけで、2000万円を口座に入れたのは私ですから、誰も責めることはできません。
自分の場合、それまで儲けたお金プラス家族の預貯金、例えば子どもの養育費も当て込んでしまいました。その上でリスク限定措置(最大損失額が限定される設定のこと)もせずに寝てしまい、朝起きたら大暴落という感じでした。朝、子どもを保育園に送らなければいけなかったのですが、そのときは何も考えられなかったですね。何も手がつかない。『どうしよう』だけでした」

―家族の貯金や養育費までつぎ込んだのですか。

「これは投資にはまってしまった人間の落ち度です。順調に勝つと、増える以外に考えられなくなるんですよ。すると、想定内の損失で止める設定もしなくなるので、増えるはずだという根拠のない自信だけで動いてしまうんです」

―確かに本書の中にも、「連戦連勝の自分が負けるはずがない」と思っていたという記述がありました。

「そうなんですよね。負ける自分が全く思い浮かばないんです。そうすると急に足をすくわれてしまう。だから、小さく負けることがFXには大事だと思いますね」

―そのときにはすでにお子さんもいらっしゃったそうですけど、その2000万円の損失をしてしまったことを、ご家族に対してどう説明されたのですか?

「言いませんでした。ただ、やはりばれてしまうもので…。普通の家庭であれば離婚も選択肢の中に入ると思うのですが、私の妻はあまりお金に対してうるさくないので、どうにかして取り戻すと約束しました」

―でも、実際のところ2000万円の損失というのは、パソコンモニター上の数字で起きていることで、現金がなくなるという感覚はないのではないでしょうか。

「そうですね。本当になくなったという現実味はないです。お店で1万円払って、高いなと思っても、FXで1万円のリスクをとるのはすごく簡単です。おっしゃる通り、並んでいる数字でしかありませんから。ただ、2000万円損失してからは、数字じゃなくてお金が動いているという意識を強く持つようにしました。
クレジットカードやローンなんかでも現金を払っている感覚がなくなるといいますが、数字でもそれはお金だという感覚は、必ず子どもの頃から家庭で教えておくべきだと思います」

―儲かると冷静でいられなくなる人は多いと思います。そこで冷静でいられるようになるにはどうすればいいのでしょうか。

「一つは失敗談を経験者から聞いて、リスクに対する意識を上げることが大事だと思います。体験してみないとどうなるか分からないけれど、失敗しろということは言えませんから」

―多額の損失を出したら、もうやめようという気になると思いますが、山口さんはそう思われなかったのですか?

「損失額が大きくて、普通に働いても到底返せないと思ったんです。それで、稼げる方法はないかと考えた時に、FX以外にないんですよ。もうやるしかないということで、死に物狂いで勉強しました」

(後編に続く)



(新刊JP)記事関連リンク
投資で失敗する人と成功する人の分かれ目とは?
個人投資家の敵「利殖詐欺」3つの特徴
一億円以上の自己投資でわかった「一流のリーダー」の特徴

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP