ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

年間固定費 生命保険を見直し!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

年末調整に向けて様々な書類が自宅に届くこの時期。改めて見てみると、中には見覚えのないものもあるような…。

【画像や図表を見る】

「年末になると生命保険料控除などの申請のために、各保険会社から保険料支払いの証明書が届きます。企業に勤めていれば、会社が手続きを行ってくれるケースが多いので、忘れずに提出しましょう。1年間に支払った保険料の総額を把握できるので、このタイミングでどんな保障にいくら支払っているのか、きちんとチェックすることができますよ」

そう教えてくれたのは、ファイナンシャルプランナーの大竹のり子さん。では、具体的なチェックポイントを教えてください!

「年末調整では、年間の給与とさまざまな控除から年間の所得税額を確定し、毎月給与から引かれた源泉所得税と比較して払いすぎていた分が返還されます。そのため、年末になると控除を受けるために、保険や住宅ローンの書類の提出が必要になります。自分がどんな控除を受けているのか、この機会に確認するといいでしょう」

確かに、書類の提出はしているものの、実際にどんな保険に入っているかまでは、把握できていなかったような…。

「2012年から生命保険料控除の適用区分が変更になりました。それまでは“一般生命保険料”“個人年金保険料”の2つだったのが、今は、“一般生命保険料”“介護医療保険料”“個人年金保険料”の3つに分けられています。各枠をきちんと活用すると、より大きな節税につながるので、自分が加入している保険がどれに相当するのかを把握することが、まずは重要でしょう」

なんとなく入ったままになっている保険をあらためて見直してみるのに、この時期は絶好のチャンスだということですね!

「年末になると、各保険会社から生命保険料控除証明書が発行されます。これまで、そうした書類を会社にそのまま提出していたという人も、どんな保険なのか、またどのくらい支払っているのかをチェックしてみてください。保険を見直せば、年間の保険料を抑えることにも繋がります。1年間にかかった具体的な金額がわかると、抑えられる支出も見えてくるはずですよ」

年間の支出額が安くなれば、おこづかいアップにも繋がりますね! ちなみに、この機会に今払っている保険料をもっと抑えられないか、他の保険サービスと、内容や価格を比較検討してみるという見直しもオススメ。なかでも、“ネット生保”は、価格を抑えられることから近年注目されています。たとえば、「楽天生命」。ブラウザ上で保険料の試算が可能で、実際に減額になるかどうかの見積もり出しがサクッと行えます。

早速試してみたところ、僕が加入している保険と同程度の内容で、かなりの保険料減額が達成できました! 保険料が安くなる楽天生命への乗り換えで、おこづかいアップを狙ってみたいと思います。年末調整で保険料見直しが最適なこの時期、皆さんもおこづかいアップを目指して、保険の乗り換えを検討してみては?
(R25編集部)

年間固定費 生命保険を見直し!はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
ソチ目前!冬季オリンピック事件簿
“大人のARおもちゃ”最前線
海外で日本人○○経験者が人気!?
注目の資格「知的財産管理技能士」
アイソン彗星の見頃&観測ポイント

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP