ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

中国Zopo、MediaTekの8コアプロセッサを搭載したAndroidスマートフォン「Zopo ZP998」を発表

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

MediaTekが同社初の8コアプロセッサ「MT6592」を発表した翌日に、中国のスマートフォンメーカー Zopoが世界初のMT6592搭載スマートフォンとなる「Zopo ZP998」を発表しました。Zopo ZP998は、5.5インチ1,920×1,080ピクセルのIPS液晶とMediaTek MT6592 1.7GHz版を搭載した大画面モデル。OSはAndroid 4.2.2(Jelly Bean)ベースのZopo OSを搭載しています。Zopo OSでは、スリープ中に画面上に特定のアルファベットを手書きすると、文字に紐づいたアプリがダイレクトに起動する機能を特徴としています。ちなみに、ZP998は日本語もサポートしています。メモリは2GB RAMと32GB ROMを搭載。Micro SDカードも利用可能です。カメラは背面に1,400万画素の裏面照射型CMOS(F2.0レンズ、1,080p動画撮影可能)と前面に500万画素CMOSを搭載。ワイヤレス通信機能はWi-Fi b/g/n(nは5GHz帯も対応)、Bluetooth v4.0、Miracast、GSM/GPRS/EDGE、WCDMA/HSPA+ 21Mbps(900/1900/2100MHz) に対応。バッテリー容量は2,400mAh。本体サイズは151.4 x 76.1 x 9.1mm。カラバリはブラックとホワイトの2色です。Zopo ZP998の販売価格はなんと$299。現在は予約受付中で、12月に中国で発売されます。Source : Zopo



(juggly.cn)記事関連リンク
Android 4.3ベースのCyanogenMod 10.2のリリース候補版(RC1)が公開
Xperia Z1レッドバージョンの実物写真がベトナムで公開
Motorola、米3D Systemsとモジュール型スマートフォン「Project Ara」の開発でパートナーシップを締結

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。