ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

MotorolaがDeveloper Editionの保証ポリシーを変更、ファクトリーイメージも提供へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Motorola製スマートフォンの「Developer Edititon」を購入された方に嬉しいお知らせです。MotorolaがDeveloper Editionのブートローダーのアンロック用コードを申請しても保証を継続し、さらに、ファクトリーイメージも提供していくと発表しました。Developer Editionは、主にROM開発者やギーク層の方を対象にMotorolaが直販しているスマートフォンのこと。SIMロックフリーで、ブートローダーもアンロック可能な状態で販売されています。これまで、Developer Editionの保証はブートローダーのアンロック用コードを申請した時点で無効になっていましたが、本日よりそのポリシーが変わり継続して保証されるようになったほか、2012年と2013年に発売されたDeveloper Editionでブートローダーのアンロック用コードを申請した端末についても保証が復活します(但し、保証期間の起算日は購入した日から)。ファクトリーイメージはFastbootファイルのことで、https://motorola-global-portal.custhelp.com/app/standalone/bootloader/recovery-imagesよりダウンロードできます。現在のところは、Moto XのDeveloper Edition(GSM版、Verizon版)とDroid Maxx用が配布されています。Source : Motorola



(juggly.cn)記事関連リンク
AT&TとT-MobileのMoto XがAndroid 4.4(KitKat)にアップデートされる
Android 4.3ベースのCyanogenMod 10.2のリリース候補版(RC1)が公開
Xperia Z1レッドバージョンの実物写真がベトナムで公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP