ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Androidタブレット向けGoogle Playストアのトップリストのデフォルト表示が「タブレット向けに設計」に変更

DATE:
  • ガジェット通信を≫

本日11月22日よりAndroidタブレットにおけるGoogle Playストアのアプリの表示方法が若干変更されました。変更内容は10月12日の発表通りで、Google Playストアのトップリストに「タブレット向けに設計」と「すべてのアプリ」を切り替えられるセクションが追加され、タブレット専用のUIを備えるなど、タブレットに最適化したアプリのみを表示する「タブレット向けに設計」がデフォルトで表示されるようになりました。タブレット向けアプリを探しやすくなったということです。アプリの種類はユーザーで変更できます。「タブレット向けに設計」をタップするとリストが表示されるので、「すべてのアプリ」を選択するとスマートフォンと同じ表示内容に切り替わります。Source : Google Playストア



(juggly.cn)記事関連リンク
Emotion UI 2.0を搭載した「Ascend Mate 2」の実物写真が流出
HTC、11月27日に新型Desireスマートフォンの発表会を開催
ソフトバンク、3辺狭額縁デザインを採用した「AQUOS PHONE Xx 302SH」を12月6日に発売、現在予約受付中

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP