ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

競馬場に巨人降臨でネット狂喜乱舞

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ヱヴァンゲリヲン、恋愛シミュレーション、セクシー美女…。一見脈絡のなさそうなキーワードの意外な共通点とは、過去に日本中央競馬会(JRA)がコラボし、ネットでゲームを展開したということ。これらに続き、11月17日、人気アニメ『進撃の巨人』とコラボした特設サイトがオープン。ネットユーザーのハートをがっちり掴んできたJRAのキャンペーンが、またしても話題を集めている。

【画像や図表を見る】

このたび公開されたのは、11月24日に行われる競馬界の一大レース「ジャパンカップ」のキャンペーン用特設サイト。『進撃のジャパンカップ』と名付けられたこのサイトは、全編にわたって諫山創原作の人気アニメ『進撃の巨人』の絵とキャラクターが使用されており、主人公のエレン・イェーガーや第104期訓練兵団の面々、さらに「超大型巨人」や「鎧の巨人」ら進撃のキャラが、競馬場に“降臨”しレースに挑むムービーと、ミニゲームを楽しむことができる。

人気アニメとのコラボだけあって、反応の大きさはこれまで以上のものがあり、このサイト内容を紹介したNAVERまとめの「【やべぇw】『進撃の巨人』公式がやらかしたwwwwwwww」というまとめのPVは10万件に到達。

「これは素晴らしい(笑) 実況も面白すぎるwww」
「無駄にクオリティ高くてワロタwwwww」
「JRAすご!なにやってるのw」
「JRAにひとこと言えばいいのかな…なにオファーしてるの。進撃側もなに受けてるのwww」

など、ツイッターの引用数は4000件を突破。ネットユーザーに大歓迎されている。ネット競馬と恋愛シミュレーションゲームを掛け合わせた『My sweetウマドンナ』(2011年、2012年にも第2弾)、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」とコラボした「JRA補完計画」EVA券(2012年)、美女ジョッキーが登場する『グラマラスカップ』(2012年)など、近年のコラボに続き、JRAのネットキャンペーンは“スベリ知らず”の状態が続いている。
(R25編集部)

競馬場に巨人降臨でネット狂喜乱舞はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
2万円から。「一口馬主」の皮算用
「豆しば」が有馬記念のPR大使に!
進撃の巨人舞台が『ふしぎ発見』に
キティ ついに超合金とトイレになる
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP