ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

LGは独自のモバイルプロセッサ‟Odin”でクアッドコア版とオクタコア版を開発

DATE:
  • ガジェット通信を≫

LGが自社で開発を進めているARMベースのモバイルプロセッサ‟Odin”に関する新情報を韓国メディアのデジタルタイムズが伝えています。同サイトの‟半導体業界の関係筋”によると、LGは既に‟Odin”の仕様を確定させており、同社のシステム半導体研究所内でそれを組み込んだ評価ボードを作成してテストを行っているそうです。‟Odin”にはクアッドコア版とオクタコア版の2種類が開発されており、クアッドコア版は主にスマートTV向けの製品、オクタコア版は主にスマートフォン・タブレット向けの製品で、LGの新型タブレットに最初に搭載される可能性が高いと述べたそうです。‟Odin”のクアッドコア版はARM Cortex-A15を4基搭載した2.2GHz駆動のCPUと700MHz駆動のARM Mali-T604 GPUを搭載したSoC。一方、オクタコア版は最大2.0GHz駆動のCortex-A15を4基と最大1.4GHz駆動のCortex-A7を4基搭載したCPU、ARM Mali-T604または600MHz駆動のARM Mali-T624をGPUに使用したSoCで、CPUコアの稼働方式にはARMのbig.LITTLE技術を採用しているそうです。Source : デジタルタイムズ



(juggly.cn)記事関連リンク
Samsung、Galaxy S 4とGalaxy Note 3のAndroid 4.4アップデートを2014年1月より実施?
Galaxy S 5用かもしれないアルミフレームの写真が流出
Google、米国で12月7~8日にChromecast関連のハッカソンを開催、何かの発表に期待

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP