ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Windows版Winampが2013年12月20日をもって提供終了

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Windows用のメディアプレイヤーソフトとして15年前にリリースされた「Winamp」の配信が2013年12月20日でもって打ち切られることになりました。Wonampの公式サイトによると、今回打ち切りとなるのはWindows版ソフトの配信とWinapm.comのサービス提供のみ。Windows版は現在配布中のv5.66をもってダウンロードできなくなるので、まだ持っていない方は12月20日までにダウンロードしておくようにと同社は呼び掛けています。WinapmはAndorid版も配信されていますが、今のところ、公式サイトやGoogle Playストアのアプリページに提供終了の案内は出ていません。しばらくは公開とアップデートを継続していくつもりなのでしょう。Source : Winamp



(juggly.cn)記事関連リンク
中国Zopo、MediaTekの8コアプロセッサを搭載したAndroidスマートフォン「Zopo ZP998」を発表、
Androidタブレット向けGoogle Playストアのトップリストのデフォルト表示が「タブレット向けに設計」に変更
Sony Mobile、Xperia SPのAndroid 4.4アップデート実施を決定、Xperia T/TX/V/ZRについても検証中

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP